1. はじめに

シアリスは日本で認可されている3種類のED治療薬の中、バイアグラ、レビトラに続き一番新しく開発販売されるようになったED治療薬です。

ED治療薬とはED:Erectile Dysfunction(イーディー)と呼ばれる男性の勃起不全を治療するために開発された医薬品です。バイアグラの発売年である1998年から現在まで、世界中のたくさんの男性たちがEDを治療するためにED治療薬を服用してきました。

シアリスは中でも最も新しく開発されたED治療薬ということだけあって、それ以前に発売されたED治療薬であるバイアグラとレトビアの欠点や副作用を改善して作られたED治療薬です。

シアリスの一番の魅力は薬の持続時間が24時間から36時間までと長いことと、食事の影響を受けにくく副作用が比較的少ないという点です。

バイアグラとレビトラは性行為の1時間前に服用する必要があり、その持続時間もおよそ4〜6時間と短時間であるために男性の多くは飲むタイミングに気をつかったり、適切な時間内に性行為をしなければならないプレッシャーを感じるなどのストレスを感じる方が多かった状況にありました。

ダンスクラブ

シアリスはそれまでのED治療薬とは異なる画期的な効果と特性から欧米では「ウィーケンドピル(Weekend Pill)」と呼ばれたくさんの男性たちに愛用されています。2007年に日本で正式に処方が開始されてからは全国のクリニックや病院で人気を上げているED治療薬です。現在ではシアリスのED治療薬のシェアが2013年に42%を占め世界で最も売れているED治療薬となる程にまで人気が高まっています。

シアリスはバイアグラとレビトラと同様にPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)と呼ばれる酵素が体内で増えてしまうことを阻害する働きをする医薬品です。男性が性的刺激や興奮を受けるとNO(一酸化窒素)が体内に放出されcyclic GMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が血管を拡張させ性器に血液が流れ込み勃起する状態になります。男性の性器の中には海綿体(海綿体)と呼ばれるスポンジ状の勃起性組織があり、海綿体の筋肉がゆるみ性器の中の血管が拡張されより多くの血流が海綿体に流れ込み勃起する仕組みになっています。

性的興奮がおさまると体内にはPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)という酵素が放出されcyclic GMP(環状グアノシン一リン酸)を壊すことで勃起の状態が萎えることになります。

勃起不全のケースでは性的興奮を感じているのに、あるいは勃起を持続させたいのに何らかの理由でPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)という酵素が体内で生成されてしまい勃起が萎えてしまう症状を表します。

ED治療薬はこのPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)という酵素ED治療薬に含まれている有効成分により阻害することで勃起を持続させる効果をもたらします。また、体内の血流の流れを促進させ性器に血液が流れ込みやすくすることで勃起しやすくする作用をもたらす医薬品です。

シアリスに含まれる有効成分はタダラフィルです。

シアリス・バイアグラ・レビトラ

シアリスを含むバイアグラレビトラなどの全てのED治療薬は日本の厚生労働省が定める薬価基準において医療保険が適用されない医薬品として指定されています。

また、バイアグラレビトラ、シアリスは医薬品として定められていますので日本で購入する際にはドラッグストアや薬局では簡単に購入することはできず、病院かクリニックに行って医師に処方してもらう必要があります。しかし、医師から処方してもらいED治療薬を購入すると医療保険が適用されないために、他の処方の薬と比べて高額な薬となってしまいます。シアリスの日本の病院で処方される際の平均価格は1錠あたり10mgでおよそ1,600〜 2,000円、20mgでおよそ1,750〜 2,500円となっております。5mgは取り扱いしていないクリニックが多いようです。

処方薬 薬局

バイアグラ比較するとバイアグラの平均価格は25mgでおよそ1,200 ~1,500円 ほど、50mgでおよそ1,400 ~ 2,000円 ほどとなっておりますのでシアリスが高く感じる方もおられると思います。

バイアグラの特許は2014年5月に満了したため、バイアグラのジェネリック医薬品が国内の医療機関から処方を受けることができるようになりました。バイアグラのジェネリックの平均価格は25mgでおよそ650円ほどとなっており、50mgで1000〜1500円ほどとなっています。バイアグラのジェネリックに比べるとシアリスの正規品を国内で処方されるのは、高額にはなっています。しかし、シアリスの持続時間は最大で36時間までとなっており、1錠を服用すると長時間の効果を感じることができるED治療薬です。この効果を考慮に入れ、週末にバイアグラを2錠服用すると考えると経済的負担を軽く感じることができると思います。また、バイアグラの服用間隔は24時間となっており、長時間パトナーと性行為を楽しみたいという場合には実用的ではないED治療薬となっています。以上のような点を考慮してもシアリスは優れた特性のED治療薬だということができます。

 

とはいえ日常生活で常用するには経済的に負担になるケースが多く、そのために通販を通して個人輸入代行業者から購入する方々が多い現状があります。しかし、通販で購入するED治療薬のおよそ40%〜60%は偽物だという調査結果が出ています。通販で購入する際には細心の注意が必要です。

 

  1. シアリスを服用する際の注意点

注意

シアリスは3種類あるED治療薬の中で最も新しく開発された医薬品ということだけあって、バイアグラとレトビラに比べると副作用も少なく、食事の影響も受けにくく、持続時間も長くなっているので性行為のタイミングを気にせずにより便利に服用することができるようになっています。

 

シアリスは数々の試験と検査をクリアしてその効用と安全性が認められたED治療薬ではありますが、服用する際には数々の注意点があります。

以下の注意点を守って服用すると、安全にシアリスの素晴らしい効用と効果を体験することができます。

 

 

1)持病のある方

 

シアリスの服用注意点として、以下の中の項目に持病がある方は服用を避け医師に相談してください。

・狭心症

・心臓疾患(心筋梗塞、心不全など)

・血管系疾患(冠動脈異常)

・動脈異常

・高血圧

・低血圧

・網膜色素変性症

・重い肝機能障害

・過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方

 

 

硝酸剤を服用の方はシアリスを服用すると血圧をさらに降下させて危険ですので服用を避けてください。

過去に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を患ったことがある方は回復してからの経過年月、そして現在の体調によりシアリスを服用することができるかどうか判断する必要があるために医師に相談する必要があります。

 

バイアグラとレビトラも上記の症状をお持ちの方は服用することが不可能或いは難しいので医師に相談する必要があります。

 

2)シアリスの併用禁忌薬

 

シアリスの服用注意点として、シアリスの併用禁忌薬はニトログリセリンや一硝酸イソソルビド、亜硝酸アミルなどの硝酸薬、アダムパス錠などの肺高血圧症治療薬、ニプラノール点眼液などになっております。

硝酸剤の中にはスプレー、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬などたくさんの種類がありますので注意して確認してみる必要があります。

 

この他にもたくさんの併用禁忌薬があります。これらの医薬品を服用されている方は医師に確認するようにしましょう。

バイアグラとレビトラも上記の医薬品は共通して併用禁忌薬となっております。

 

3)シアリスの併用注意薬

 

シアリスの服用注意点として、以下の医薬品を服用している場合にシアリスを服用することができますが注意が必要ですので医師に相談されるとよいでしょう。

 

・高血圧や前立腺肥大のための治療薬であるα遮断薬

アビショット、イセプレス、エブランチル、カルデナリン、テラゾシン、トラブゾン、ダウナット、 デタントール、ドキサゾシン、ハイトラシン、ハルナール、フリバス、 ミニプレス、ユリーフ、レギチーン等のα遮断薬

 

・降圧剤 

アムロジピン、エナラプリル、カンデサルタン、ノルバスク、メトプロロール等

 

・CYP3A誘導剤

フェニトイン、フェノバルビタール、リファンピシン等

 

・CYP3A4阻害剤

イトラコナゾール、クラリスロマイシン、ケトコナゾール、テラプレビル等

 

・急性心不全治療剤

カルペリチド等

 

これらの併用注意薬はバイアグラとレビトラも共通しています。

 

 

4)シアリスの副作用

 

シアリスの服用注意点として副作用にどのような症状があるのか知っておくことは大事なことになります。

 

シアリスの副作用は、バイアグラとレビトラと比べると比較的少なく軽いと報告されています。その理由の一つとして挙げられることは、シアリスはバイアグラとレビトラとは異なる化学構造式を持っているためです。バイアグラの有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩とレビトラの有効成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物の化学構造式は近似しており、その作用と副作用の出方もとても似ていることが特徴です。

一方シアリスの有効成分であるタダラフィルは先に発売されたバイアグラとレビトラとは異なる化学構造式を持っているために、副作用も異なって現れます

 

バイアグラとレビトラを服用して副作用が強く出たという方は、シアリスを試してみると良いでしょう。逆にシアリスを服用して強く副作用が出たという方の中でバイアグラとレビトラを試してみると副作用がより少ないという方もいらっしゃいます。それぞれのED治療薬の効用と副作用の出方を試してみることをおすすめします。

 

一番新しいED治療薬であるシアリスはバイアグラとレビトラに比べると最も副作用が少なく軽いとされています。

 

シアリスの副作用としては頭痛、鼻づまり、ほてり、動悸、目の充血、めまい、胸焼け、胃のむかつき、消化不良、下痢、関節痛、色覚異常などが挙げられます。

シアリスの副作用として最もよく確認される副作用は頭痛、鼻づまり、消化不良です。

 

シアリスは国内で行われた用量反応試験の結果によるとおよそ27%の人が副作用を感じると報告されています。そのうち頭痛が11%と最も多くなっています。

 

シアリスがバイアグラとレビトラと比較して副作用が出にくい理由はシアリスの有効成分であるタダラフィル水に溶けにくい性質を持っているため、薬が徐々にゆっくりと効いてくるからです。少しずつ有効成分が体内に回って来るためにその副作用も徐々に表れるので体が極端に反応することなくマイルドな副作用を感じることになります。シアリス遅効性のED治療薬であり、バイアグラとレビトラは速効性のED治療薬ということができます。

 

 

5)シアリスは規定の用法と用量を守って服用する

 

シアリスには5mg、10mg、20mgが販売されています。この数字は一つの錠剤の中に含まれている有効成分であるタダラフィルの含有量を表す数字です。有効成分の量が少ないほど効き目も弱く、多い程効き目も強く表れます。有効成分の量が増えるに従い副作用も強く出ます。

どの量を服用するかは医師に相談して自らの症状と体質などの総合から判断してもらい処方してもらうのが一番良いでしょう。後に経済的な理由で通販に切り替えるとしても、一度医師のアドバイスを聞いて自分の体型と体質に合った量を知っておくと長い目で見て安全に服用することができるようになります。

 

自らの判断により量を増やしたり、2錠一緒に服用したり、1日に1錠以上を服用することは避けましょう。

 

 

6)シアリスは性的刺激や性的興奮を受けた時にのみ効果を発揮する

 

シアリスはバイアグラやレビトラと同様、性欲を感じて性的刺激や性的興奮を感じた時にのみ服用された人の勃起力をサポートするED治療薬です。シアリスを服用したからといって性欲や性的興奮が増すことはありません。

また、シアリスは対処治療のための医薬品であり、シアリスを服用し続けたとしてもED(イーディー)或いは、勃起不全を根本的に治療することはできません。勃起不全を根本的に治療されたい方は精力剤などを服用して運動を毎日適量に行い体質改善をするなどの方法があります。

心理的なトラウマや精神的なストレスからEDが引き起こされることも考えられますのでそのような場合はカウンセリングを受けたり、心理療法などを受けると良いでしょう。

 

7)食事の影響とタイミング

食事

シアリスはバイアグラとレビトラに比べ、食事の影響が少ないとされているED治療薬です。バイアグラとレビトラは食後に服用するとその効果が半減するなど食事の影響を受けやすいED治療薬です。食後に服用して効果を感じることができなかったという方も多くいらっしゃるようです。シアリスは食後に服用しても効果が低減する程度になるとされています。

シアリスを服用して食事をする場合の注意点800カロリー以下の食事をするということです。800カロリー以下の油分が少ない食事ですと食事の影響が受けにくいので、あっさりとしたカロリー控えめの食事をするようにしましょう。

 

バイアグラと同様、一番効果的なシアリスの服用タイミングはやはり空腹時です。

シアリスが一度体内に吸収されてしまうと食事をしても問題ありません。とはいえシアリスを服用してすぐに食事をしてしまうと有効成分が体内に吸収される毎に有効成分が薄まってしまうので、食前シアリスを服用する際は食事の前の2時間前がベストであり、少なくとも30分以上経ってから食事をするようにしましょう。

 

シアリスの効果が最も高まるのは服用して3時間ほど経ったタイミングだとされています。性行為の前の3時間ほど前に服用すると良い効果が期待できるでしょう。

適切な効果を感じるためには最低でも性行為の1時間前に服用する必要があります。

 

シアリスを1錠服用してから次に服用するまでの間隔は24時間となっています。1日に1錠以上は服用しないようにしましょう。

 

バイアグラやレビトラも服用間隔は共通して24時間となっております。

ED治療薬は共通して1日に1錠以上服用してはいけないとを覚えておくと良いでしょう。

 

 

8)グレープフルーツとそのジュースは避ける

 

シアリスと食べ合わせの注意点の中で重要なことはグレープフルーツを一緒に食べないということです。

グレープフルーツなどの柑橘類とそのジュースの中に含まれているフラノクマリン酸という成分がシアリスの有効成分であるタダラフィルが体内で次第に分解され排出される作用を抑える働きをします。そのため、タダラフィルが体内で吸収されやすくなり、また体内に長く残ってしまいますので有効成分が適量以上に作用して副作用が強く出たりします。柑橘類の中でレモンはフラノクマリン酸が含まれていないのでシアリスを服用中でも食べることは可能です。

バイアグラとレビトラを服用する時もグレープフルーツとそのジュースを一緒に食べることは避ける必要があります。

 

9)お酒は少量か適量に抑えるようにする

お酒

シアリスはバイアグラとレビトラに比べてお酒の影響も受けにくいED治療薬だとされています。しかし、シアリスを服用する際にはお酒は少量に控えることが大切です。少量ですとお酒には私たちをリラックスさせる効用があるので良い作用をもたらすことがほとんどです。お酒がもともと弱い方はお酒を避ける方が良いでしょう。

お酒をたくさん飲んで酔った後などに服用すると副作用が強く出る恐れがありますので避けましょう。

 

 

10)速効性を求める時にはシアリスを服用しない

 

シアリスは長時間の持続時間が一番の魅力のED治療薬です。

薬を服用してからシアリスの効果が最も良く表れる時間帯は3時間後です。

シアリスは薬の効果の出方に個人差があるED治療薬で、人によって効果が表れる時間が1時間から4時間までの間となっております。

 

服用してから効果が出るまで少なくても1時間はみる必要があるため、緊急にED治療薬を服用する必要がある場合や、薬の速効性を求める時にはシアリスではなく、レビトラかバイアグラを服用する方が良いでしょう。

 

シアリスは持続時間が長いことから、恋人と週末に旅行に出かける予定があったり、長時間にかけて性行為を行いたかったり、時間や食事のタイミングを気にせずにゆったりとパートナーとの時間をすごしたかったりする場合におすすめのED治療薬です。

 

糖尿病や高血圧の方、高脂血症の方はシアリスが効きにくくなりますので用量や用法などを医師に相談することをおすすめします。

 

11) 通販で購入する海外産シアリスにはたくさんの偽物が出回っている

偽物

シアリスは日本で処方してもらうと1錠あたり5mg でおよそ1,400円ほど、10mg でおよそ1,600〜 2,000円ほど、20mg でおよそ1,750〜 2,500円とバイアグラやレビトラに比較しても高額となっております。

そのため、通販で海外産のシアリスを購入する方も多くいらっしゃいます。しかし、海外から個人輸入するシアリスの中には偽物がたくさん出回っており、錠剤を外から見ても専門家であっても見分けることがとても困難な状況になっています。偽物を服用された方の中には重い健康被害が出たと報告されているケースもあります。シアリスを通販で購入する際には信頼できる個人輸入代行業者を通して輸入するか、医師の処方により購入することをおすすめします。

 

4. シアリスとジェネリック医薬品

シアリス ジェネリック薬

4-1. シアリスのジェネリック医薬品は日本で認可されていない

 

シアリスジェネリック医薬品が正式には販売されていない状況にあります。

ジェネリック医薬品とは新薬が開発販売され20年から25年ほどの一定の期間が経って特許が切れた後に、あらかじめ新薬で確かめられた有効成分の効用と効力、用量と薬剤の製法などの情報を元に開発される後発医薬品です。新薬はその開発から販売まで9年から17年という長い歳月が費やされ、その開発費用も100億円にまで昇ります。新しく開発された薬の効力、安全性などを創薬スクリーニング、非臨床実験、臨床実験などの数々の実験や試験を通しクリアする必要があります。新薬に比べてジェネリック医薬品は開発から販売までおよそ3年から4年かかり、約1億円の開発費用が費やされます。このように開発販売にかかるコストが安いことからジェネリック医薬品は同じ効用と効果、安全性を持ちながらも安価に患者に提供することができる医薬品です。近年ではジェネリックという言葉も人々に知られるようになり人気を得るようになった医薬品です。

 

4 -2. シアリスのジェネリック医薬品はインドでのみ開発販売されている

 

シアリスのジェネリック医薬品は海外でしか販売されていません。日本で入手するには海外から個人輸入代行業者を通して購入する必要があります。シアリスのジェネリック医薬品はシアリスの国際特許がまた満了していないために普通は手に入らない状況です。

しかし、ジェネリック医薬品大国であるインドではシアリスのジェネリック医薬品が開発販売されています。インド国内では独自の特許法があるために欧米の医薬品の特許が切れる前に数々のジェネリック医薬品が開発販売されることが可能になっています。

 

インドのアジャンタ・ファーマ社(Ajanta Pharma Limited)が開発販売しているタダリス(tadalis)、大手ファイザー製薬(Pfizer Limited)がインド国内で飲み販売しているタダリフト(tadalift)、インドのマクローズ社(Macleods Pharmaceuticals Ltd.)が販売しているメガリス(megalis) インドのシプラ社(Cipla Limited)が開発販売しているタダシップ(tadacip)とエレクタリス(erectalis)、インドのサン・ファーマ社が開発販売しているフォーゼスト(Forzest)があります。

 

シアリスのジェネリック医薬品の中で人気の医薬品はバイアグラのジェネリックであるカマグラを販売している実績のある製薬会社であるアジャンタ・ファーマ社が販売しているタダリス(tadalis)と、大手のファイザー製薬(Pfizer Limited)がインド国内での販売しているタダリフト(tadalift)です。実際のところ、人気があるジェネリック医薬品はその分偽物も多く出回っていることが多いので個人輸入を行う際には細心の注意が必要です。

 

シアリスのジェネリック医薬品は国内のクリニックでも処方しているところがあるようです。しかし、日本国内の法律上、厚生労働省から正式に認可を得て国内に流通している医薬品しか安全が保障されていない状況があります。シアリスのジェネリックがまだ認可されていないため、個人輸入代行を通して購入して重い健康被害が生じた時には公的機関からの保険やサポートを受けることができない状況にあり、リスクがあることも否めません。

 

  1. まとめ

 

シアリスは薬の長い持続時間と食事の影響を受けにくいなどこれまでのED治療薬の枠を超え便利に改良されたED治療薬です。副作用は軽いと言われていますが、副作用の出方には個人差があり、併用禁忌薬や服用することができない方もいますので使用上の注意点を良く読んで服用されることをおすすめします。

正しい用量と用法を守って服用すれば、パートナーとのより親密な時間を楽しむための強力なサポートとなる心強いED治療薬です。