1.シアリスとは?

1-1. シアリスの有効成分

シアリスタダラフィルという有効成分が含まれているED治療薬です。より知名度のあるバイアグラやレトビアと同様、男性のED(イーディー):Erectile Dysfunction、勃起不全を治療するために開発されたED治療薬であり医薬品です。

シアリスの有効成分であるタダラフィル肺動脈性高血圧症の治療のための薬であるアドシルカ」と 前立腺肥大症の治療のための薬である「ザルティア」に用いられている薬でもあります。

シアリスはバイアグラとレビトラと同様に勃起の状態を維持することができなくする酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を有効成分であるタダラフィルにより阻害することで勃起の状態を維持することができるようにサポートします。また、血管を拡張し血流の流れを促進させることで勃起力をサポートするという効果をもたらします。

 

1-2. シアリスの魅力

36時間

シアリス3種発売されているED治療薬の中で最も新しく発売された話題のED治療薬です。シアリスが国際的に発売されるようになった時期は2002年10月で、その後日本で正式に認可が降りて発売されたのは2007年7月です。2013年にはED治療薬の世界でのシェアは42%に到達し、現在ではバイアグラを追い越し、世界で最も売れているED治療薬になりました。人気の理由は長い効果の持続時間、食事の影響を受けにくいこと、副作用が少ないことなどが挙げられます。シアリスの持続時間24時間から36時間までと長く、それまでに発売されていたバイアグラやレビトラが4〜5時間の持続時間を持っていることと比べると格段に長い持続時間を有しているED治療薬だということがわかります。長い持続時間は性行為をする時間を予測しながら服用するタイミングを計算したり、服用してから持続時間の間に性行為をしなくてはいけないなどの心理的負担軽くすることができることなどから多くの男性の支持を得ています。金曜日の夜に服用すると週末の間中に効き目を感じることができることから海外では「ウィークエンドピル」と呼ばれ、多くの男性の人気を集めています。

シアリスの有効成分であるタダラフィルはバイアグラとレビトラの有効成分とは異なる化学構造式を持ってているために、その効果も大きく異なって表れます。シアリスの有効成分であるタダラフィル水に溶けにくいという性質を持っているために、有効成分がゆっくりと徐々に体に吸収されます。このタダラフィル遅効性の性質からシアリスには副作用が少なく持続時間長い効果をもたらすことが可能になりました。

 

1-3. シアリスの用量

シアリス用量

シアリス欧米では2.5mg、5mg、10mg、20mgと4種類の用量が販売されています。この数字はシアリスの中に含まれている有効成分であるタダラフィルの用量の数字です。

日本では5mg、10mg、20mg3種類が正式に認可され、病院やクリニックなどの医療機関を通して処方を受けることができます。どの用量が一番適しているのかということはそれぞれ個人の体質などにより異なって表れます。ある方には10mgが最も適しており、他の方は20mgが最も適している場合があります。クリニックで診療を受けるときに医師の指示に従い適切な用量を服用することが最も望ましいでしょう。医師は通常、診療の際に様々な質問をしてどの用量が最も患者に適しているのかを決めます。一般的にシアリスを初めて服用する普通の男性に最も勧められている服用の用量は10mgです。シアリスの効き方は年齢と体重とはあまり関わりがないとされています。体重が多いからと言って必ずしも20mgが適しているとは言えません。まずは10mgを服用してみて試してみることをおすすめします。10mgを服用して見て効果が弱すぎると感じると、医師に20mgを処方してもらうように頼むことができます。

同様に20mgを処方してもらって副作用が強くでるようでしたら医師に10mgを処方してもらうように頼むことができます。

 

 

1-4. シアリス・デイリー (Cialis Daily)

シアリス ディリー

海外でのみ販売されているシアリスの種類の中に「シアリス・デイリー(Cialis Daily)」というED治療薬があります。

用量は2.5mgと5mgの2種類が販売されています。

シアリス・デイリー自然発生的にいつでも性行為をすることを可能にするために、シアリスの少量である2.5mgと5mgを毎日服用するようにするED治療薬です。シアリス・デイリーを服用するとED(勃起不全)の方でも、時間を気にすることなくいつでも性行為を楽しむことが可能になります。シアリス・デイリーの服用は医師の処方と許可を得る必要があり、週に2度以上の性行為をする人のみ服用することが可能になっています。シアリス・デイリーのように毎日服用しながらいつでも性行為を可能にすることができるED治療薬はバイアグラにもレビトラにもないシアリスだけの特徴です。

シアリスを服用する際には数々の注意点があり、常用している薬などがあれば医師に必ず申し出てシアリスと併用することができるかを確かめる必要があります。

また、持病などがある場合にも服用することができない場合がりますので医師に相談するか、服用の注意点を良く読んで確かめる必要があります。

 

1-5. シアリスをバイアグラと比較すると

シアリス vs バイアグラ

バイアグラは一番初めに開発されたED治療薬ということだけあって、世界的に最も知名度の高いED治療薬です。しかし、近年になってシアリスの人気はバイアグラに勝るほどになりました。バイアグラの方が知名度があるにも関わらずたくさんの男性たちがシアリスを選ぶにはそれなりの理由があります。

バイアグラ効果持続時間は4〜5時間とされ、性行為の1時間前服用することが最も効果的だとされています。短い効果の持続時間の間に長い時間をかけてじっくりと性行為を行いたい方や、服用するタイミングを気にせずに性行為を行いたい方には不向きのED治療薬です。

バイアグラはまた、最も歴史の古いED治療薬ということだけあって副作用が最も強いED治療薬だとされています。もちろん副作用の出方には個人差があるのですが、シアリスは遅効型の医薬品なので徐々に時間をかけて有効成分が体内に吸収され効果を発揮していきます。ゆっくりと効果が体に回るので副作用の出方も緩やかになるのです。

バイアグラはシアリスに比べて食事の影響を受けやすいED治療薬です。空腹時に服用することが最も好ましく、食事の後に服用すると効果が半減するなどのデメリットがあります。シアリスは食事の影響を受けにくく、800カロリーまででしたら食後に服用しても満足した効果が表れるとされています。しかし、シアリスも空腹時に服用することが最も好ましいことは共通しています。シアリスはバイアグラに比べるとお酒の影響も少ないとされていますが、お酒はED(勃起不全)の症状自体に悪影響を与えるために少量に抑えた方が良いでしょう。

シアリスのデメリットは遅効型ということで、緊急時や急いでいる時に服用するには向かないED治療薬です。速効性を求めるのでしたらバイアグラとレビトラを服用する方が良いでしょう。シアリスを服用して最も効果を感じることができる服用のタイミングは性行為の3時間前ほどだとされています。

シアリスのデメリットとして、バイアグラやレビトラを比較すると勃起のサポート力が弱めだとされています。強い勃起力を求める方はバイアグラやレビトラを選ぶようです。勃起力の感じ方にも個人差があります。

 

バイアグラの特許が2014年5月に満了なってから、バイアグラのジェネリックは国内でも処方してもらうことができるようになりました。バイアグラのジェネリックが販売されてからは、シアリスの価格が余計に高く感じる方も多いことと思います。バイアグラのジェネリックは国内の大手製薬会社である東和薬品株式会社やキッセイ薬品工業株式会社、武田薬品株式会社などからも発売されているために安心して服用することができます。

 

2. シアリスのジェネリック医薬品

 

シアリスの特許はまだ有効期限の中にあるために、日本や欧米ではシアリスのジェネリックを正規で購入することはできません。日本で認証されているED治療薬の中でバイアグラのみが正式に厚生労働省からジェネリックの製造と販売が認可されています。

2-1. ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは「後発医薬品」とも呼ばれる医薬品のことをいいます。病院で処方を受ける医薬品の種類は2種類に分かれています。一つは新薬であり「先発医薬品」とも呼ぶことができる医薬品です。新薬は人々の病気に新たな治療効果をもたらすために新しい化学構造式を有する成分を含む医薬品を何百億円にも昇る莫大な開発費用をかけておよそ9年から17年もかけて開発されます。薬の効果と有効性、安全性を確かめるために数々の試験と実験、検査が繰り返され、販売されてからも再検査をする必要があるために薬の価格がどうしても高額になっていまいます。一方ジェネリック医薬品、または「後発医薬品」は、新薬の特許が20年から25年後に満了した後に有効成分や製造方法などの情報を提供してもらい開発される医薬品のことをいいます。ジェネリック医薬品は新薬と同等の効き目、効果、安全性を持って同量の有効成分を含む必要があるという規定の元に製造されているために、新薬と同等の効果を期待することができる医薬品です。ジェネリック医薬品は新薬をより飲みやすくするために添加物を加えたりして風味をつけたり、薬の形体を変化させたりすることができるようになっています。

 

2-1. シアリスのジェネリック医薬品とインド

 

シアリスのジェネリック医薬品はシアリスの特許がまだ有効であるために正式には国際的にも認可されての製造はされていません。日本でも厚生労働省の認可を受けて処方を受けることができるシアリスのジェネリック医薬品はありません。シアリスの国際的な販売開始は2002年ですので国際特許の平均的な有効期間である20年から25年を足して考えても、シアリスの正式なジェネリック医薬品が販売されるのは2018年1月現在、まだ先の話になりそうです。

ジェネリック医薬品大国であるインドではシアリスジェネリック医薬品が販売されています。インドの医薬品の特許制度は国際的な特許制度に準じることなく独自の法律の元に製作されているために、医薬品の特許が正式に満了する以前からED治療薬のみならず様々な種類のジェネリック医薬品が開発販売されています。インドというと日本から見ると発展途上の国であるために信用できるかどうか不安に思う方もいらっしゃるかと思いますが、インドで開発販売されているジェネリック医薬品は国際的にも高い評価を得ている医薬品です。インドで製造されているジェネリック医薬品は欧米で販売されている新薬を購入することができない発展途上国の多くの人々を治療するために役立っています。世界的に医療・人道援助活動を行なっている非営利国際団体である国境のなき医師団もインドのジェネリック医薬品を使い多くの人々を救済しています。このように、インドで開発販売されているジェネリック医薬品は発展途上国の医療に大きく貢献しているため、欧米の製薬会社もインドがジェネリック医薬品を販売していることを知っていながらも穏便にはからっている状況があります。

インドのジェネリック医薬品の会社は国際的にも知名度があり信頼と実績のある製薬会社がたくさんあります。シアリスのジェネリック医薬品を販売している会社にはは知名度があるシプラ社、サン ファーマ社、アジャンタ・ファーマ社、ファイザー製薬インドなどがあります。実際にインドに赴いて処方してもらったり、個人輸入代行などの通販を通してインドの正規品を手に入れることができれば、シアリスと同等の効果を期待することができるED治療薬です。

しかし、シアリスのジェネリックを日本の通販を通して購入する際には注意点があります。シアリスのジェネリックは日本で人気と需要が高いために、そこに悪徳業者が目をつけ偽物が多く出回っているという現状があります。個人輸入で購入する際には、購入したシアリスのジェネリック医薬品が偽物である可能性があるというリスクを考慮に入れて購入せざるをえない状況があります。

このようなリスクがあるにも関わらずシアリスのジェネリックは日本国内で人気のあるED治療薬です。その理由はやはり経済的なメリットでしょう。シアリスはバイアグラなどに比べても高額のED治療薬になります。バイアグラは近年ジェネリック医薬品が日本の製薬会社から発売されているので、正規の医薬品を日本国内でも処方してもらえるようになりました。しかし、シアリスにしかない数々のメリットがあるために、日本の多くの男性たちはシアリスのジェネリックを求め通販で個人輸入をしているが現状です。

 

 

2-2.インドのシアリス・ジェネリックの種類

インドで販売されているシアリスのジェネリック医薬品は10種類以上にもなります。以下のリストは知名度の高いシアリスのジェネリックになります。

タダリス ED薬

1) タダリス/ Tadalis

製薬会社:アジャンタ・ファーマ社/ Ajanta Pharma Limited

用量:10mg, 20mg

バイアグラのジェネリック医薬品である「カマグラ」と「カマグラゴールド」を販売しているために世界的にも知名度がある製薬会社です。アジャンタ・ファーマ社は1973年に設立されその後、ED治療薬のみながず眼科、皮膚科、心臓病系、及び痛み止めの薬などを手がけ販売しています。インドの他、アメリカ、フィリピン、アジア各国、中東、旧ソ連からの独立国などに普及されています。2000年にはインドの株式市場に上場しており、最新技術を持つ工場において医薬品を製造しています。

 

タダリフト ED薬

2) タダリフト/ Tadalift

製薬会社:ファイザー製薬インド/ Pfizer Limited インド

用量:20mg

タダリフトバイアグラを製造販売しているアメリカの大手製薬会社であるファイザー製薬インドでのみ製造販売しているシアリスのジェネリック医薬品です。ファイザー製薬インドの拠点はマハラシュトラ州にあるムンバイであり、4000人を超える従業員が働いています。これまでバイアグラを服用したことがあり、ファイザー製薬の医薬品を信頼できるという方はタダリフトだと安心して服用することができることでしょう。

ファイザー製薬が製造しているシアリスのジェネリックということもあり偽物も多く出回っている現状があります。通販で購入する際には特に注意が必要なED治療薬です。

メガリス ED薬

3) メガリス/ Megalis

製薬会社:マクローズ社/ Macleods Pharmaceuticals Ltd

用量:10mg, 20mg

 

メガリスはインドのマハラシュトラ州にあるムンバイのアンダリー・イーストに拠点を置き、抗生物質など様々な医薬品を製造している製薬会社であるマクローズ社が製造販売している医薬品です。 抗生物質の他、喘息、結核、糖尿病、胃腸炎、成人病などを治療する医薬品を主に製造しています。近年では心臓血管、糖尿病、整形外科、婦人科、呼吸器および腫瘍学への医薬品製造を手がけるようになり、設立してから20年ほどで急成長を遂げている製薬会社です。マクローズ社の従業員数は10,000人以上にもなります。

タダシップ ED薬

4) タダシップ/ Tadacip

製薬会社:シプラ社/ Cipla Limited

用量:10mg, 20mg

シプラ社は1935年にインドのマハラシュトラ州にあるムンバイで設立され、アメリカのFDA(Food and Drug Administration 米国食品医薬品局)から認可された工場を有しているインドでもトップクラスの多国籍製薬会社です。創業以来80年以上にわたり、インドの製薬業界におけるリーダーシップをとり、発展途上国の貧困層のエイズやその他の病気を治療するために医薬品を製造販売してきました。シプラ社が製造している医薬品はインド、南アフリカ、アメリカ、ブラジル、オーストラリア、コロンビア、カナダなどの数多くの国々で販売されています。従業員は23,000人にも及びます。

エレクタリス ED薬

5) エレクタリス/ Erectalis

製薬会社:シプラ社/ Cipla Limited

用量:20mg

 

エレクタリスタダシップを製造しているシプラ社が製造販売しているシアリスのジェネリック医薬品です。タダシップと異なる点は用量が20mgのみを販売しているという点です。

フォーゼスト ED薬

6) フォーゼスト/Forzest

製薬会社:サン ファーマ社/ Sun Pharmaceutical Industries Ltd

用量:20mg

 

サン ファーマ社はインドの多国籍製薬会社で、マハラシュトラ州ムンバイに本社を置き、主にインドと米国で医薬品と医薬品の原料(API)を製造販売しています。サン ファーマ社は現在、インドで最大の慢性処方箋会社であり心臓病学、精神医学、神経学、胃腸病学、腎臓科、糖尿病学、整形外科、眼科など、さまざまな治療分野への医薬品を製造販売しています。また、ワルファリン、カルバマゼピン、エトドラク、クロラゼパート、抗痙攣薬、ステロイド、ペプチド、性ホルモン、規制物質などのAPIも提供している世界的に知名度のある製薬会社です。サン ファーマ社は2014年にRanbaxyを買収したことで、インドで最大の製薬会社となり、米国における最大のインド製薬会社、世界で4番目に大きい特殊医薬品会社となりました。

タダライズ ED薬

7) タダライズ/Tadarise

製薬会社:サンライズ レメディーズ/ Sunrise Remedies Pvt. Ltd

用量:5mg、20mg、40mg

サンライズ レメディーズ社はインドのグジャラート州、アーメダバード近くで1995年に設立され、その後急成長を遂げている製薬会社です。サプリメント、薬草、漢方薬、化粧品、アーユルヴェーダ製剤を含むハーブの製剤などを製造販売しています。

タドラ ED薬

8) タドラ /Tadora

製薬会社:ジャーマンレメディーズ社 / German Remedies

ジャーマンレメディーズ社は1949年に設立され、インドのマハラシュトラ州ムンバイに拠点を置く製薬会社です。婦人科、呼吸器科、胃腸科、心臓血管科、腫瘍学などの医薬品を製造販売しています。

 

薬名 用量 製薬会社 製薬会社HP
タダリス

Tadalis

10mg,

20mg

アジャンタ・ファーマ社

Ajanta Pharma Limited

http://www.ajantapharma.com
タダリフト

Tadalift

20mg ファイザー製薬・インド

Pfizer Limited

www.pfizerindia.com
メガリス

Megalis

10mg,

20mg

マクレオーズファーマ社

Macleods Pharmaceuticals Ltd

http://www.macleodspharma.com
タダシップ Tadacip 10mg,

20mg

シプラ社

Cipla Limited

http://www.cipla.com/en/
エレクタリスErectalis 20mg シプラ社

Cipla Limited

http://www.cipla.com/en/
フォーゼストForzest 20mg サン ファーマ社

Sun Pharmaceutical Industries Ltd

http://www.sunpharma.com
タダライズ

Tadarise

5mg,
20mg,
40mg,
サンライズ レメディーズ

Sunrise Remedies Pvt. Ltd

http://sunriseremedis.in
タドラ

Tadora

5mg,
10mg,
20mg
ジャーマンレメディーズ German Remedies http://zyduscadila.com

 

 

2-3. シアリス・ジェネリックの選び方

インドの製薬会社の中で世界的に有名で信頼と実績のある会社はアジャンタ・ファーマ社、サン ファーマ社シプラ社になります。

また、フォーゼストを製造販売しているサン ファーマ社は日本の第一三共株式会社が工場を管轄していたこともあり、品質の高い薬剤を製造していることで知られている製薬会社です。ファイザー製薬・インドが製造しているタダリフトは、バイアグラの製造販売している大手ファイザー製薬が製造していることもあり信頼することができるED治療薬です。

これらの製薬会社が販売しているシアリス・ジェネリックの正規品を購入することができれば、安心して服用することができるでしょう。

バイアグラとレビトラを含めてED治療薬の効果の出方には個人差があります。シアリスのジェネリックを服用する際にも服用してみないことには実際にどのような反応がでるかは確かに予想することができない状況です。

 

2-4.シアリスのジェネリックを選ぶ際の注意点

シアリスのジェネリック医薬品はシアリスと同じ有効成分であるタダラフィルを主成分としているために原則的にはシアリスと同じ有効性、効果、効能、安全性を持っている医薬品です。

有効成分が同じ量を含み、同じものを含んでいるとしても製造方法や添加物が異なると体への吸収のスピードや効果の表れ方が異なってきます。

新薬の場合は特許が満了すると、特許法で製造方法を依頼すれば公開することができます。しかしインドで製造されているジェネリック医薬品は製造方法が公開されていないまま同じ有効成分であるタダラフィルを同じ量含み製造されているので、その効果の表れ方に差が出てしまう場合があります。

実際にそれぞれの製薬会社のシアリス・ジェネリックがどのような効果を身体にもたらすのかということは様々な身体的要素が関わっており個人差もあるために、実際に服用してみて効果を感じてみるしかないようです。

 

2-5. シアリス・ジェネリックを服用する際の注意点

注意点

 シアリスのジェネリックを服用する際にはシアリスを服用する際の注意点をよく読んで従い服用する必要があります。シアリスのジェネリックを通販を通して購入すると注意点などが書かれてある文章は英語で表記されているものがほとんです。有効成分はタダラフィルとシアリスと同一ですので、インターネットなどを通してシアリスの併用禁忌薬、併用注意薬、服用することができない人、副作用、食事の影響と服用のタイミングなどをしっかりと確認して指示どおり服用するようにしましょう。

シアリスの併用禁忌薬はバイアグラと共通するものが多く、硝酸薬、アダムパス錠などの肺高血圧症治療薬などとなっています。

シアリスの併用注意薬もまた、バイアグラと共通するものが多く、α遮断薬、降圧剤、CYP3A誘導剤、CYP3A4阻害剤、急性心不全治療剤などと併用する場合は注意が必要のため医師に相談して服用する必要があります。

バイアグラと同様、狭心症、心筋梗塞、心不全などの心臓疾患、血管系疾患、高血圧、低血圧、網膜色素変性症、重い肝機能障害などの持病を持っている方、過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方は服用を避ける必要があります。

シアリスの副作用としては頭痛、鼻づまり、ほてり、動悸、目の充血、めまい、胸焼け、胃のむかつき、消化不良、下痢、関節痛、色覚異常などが挙げられます。シアリスのジェネリックはシアリスのオリジナルよりも副作用が出やすいものがあるといわれています。シアリスのジェネリックを服用して副作用が出たら、服用を停止して医師に相談することをおすすめします。

シアリスを服用して副作用が強く出る場合は用量を少なくして服用してみるか、有効成分であるタダラフィルが体質に合わないということも考えられますので、バイアグラやレビトラを試してみるとよいでしょう。

 

2-6. 通販で購入する際の注意点

オンラインドラッグストア

シアリスのジェネリックはたくさんの偽物が通販で出回っているために、以下の注意点を考慮に入れて購入する必要があります。

バイアグラやレビトラ、シアリスを販売しているそれぞれの通販のサイトには最も売れている売れ筋ランキングがつけられてあったり、製品の説明や体験談が紹介してあるサイトがありますが、ウェブサイトに書いているからといって記述してある内容や口コミが本当の内容であるかは確かめることができない現状です。その情報の信憑性は購入する個人の責任で細心の注意を払って調べる必要があります。

日本で正式に厚生労働省から認可を受けていない医薬品は、業者が輸入して大量の在庫を国内に抱えて販売することは違法ですが、個人が使用する用量を輸入することは国内の薬事法でも認可されている状況です。

バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬を個人輸入代行の通販を通して購入して、大きな副作用を感じるなど健康に被害があった際には日本の「医薬品副作用被害救済制度」の救済を受けることができません。責任も個人が責任をとることになるために、偽物が当たってしまい不純物が混入しているなどして何かの事故にあってしまった場合には自己責任を負うしかないリスクがあります。このようなリスクを考慮に入れて通販を通してシアリスのジェネリックを購入するしかない現状を知って置きましょう。

 

3. まとめ

いかがでしたでしょうか?

シアリスのジェネリックはインドの信頼することができる製薬会社の正規品を入手することができたら安心して服用することができるED治療薬です。しかし、通販で購入する際には数々の注意点があり、服用の際の注意点も自らが調べて知った上で服用する必要があります。このような注意点とリスクを考慮に入れてどのED治療薬が最も適しているのかを選ぶことをおすすめします。

シアリスのジェネリックに関して少しでも有益な情報を提供できることができましたら幸いです。