1. はじめに

バイアグラは血管の壁を緩ませることで血管を拡張させ、血流の流れを促進させながら勃起力をサポートするED治療薬です。また、勃起の状態を萎えさせてしまう体内で生成される酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を、バイアグラに含まれている有効成分であるシルデナフィルにより阻害することで勃起の状態を維持することができるようにサポートする医薬品です。

バイアグラはもともと高血圧症狭心症の治療のために開発された薬です。臨床実験をしている際に本来の治療目的の狭心症へは思ったような効果が上がりませんでしたが、被験者の中でED(勃起不全)への効果を感じることを発見した人がいたことからED治療薬として開発販売されるようになりました。バイアグラが開発販売される以前は世界にバイアグラのようなED治療薬は存在しなかったことから、1998年にアメリカでバイアグラが発売された当初は世界の男性たちから夢の薬と言われ、ブルーのダイヤモンドの形の錠剤がトレードマークになり大きな話題となりました。

バイアグラはイギリスのファイザー製薬の研究者たちの間で研究開発され、アメリカのファイザー製薬より販売されるようになりました。発売から10年後の2008年には19.9億円以上の収益をファイザー製薬にもたらし、現在まで世界中の男性の間で愛用されています。

2016年12月には2500万人以上の世界の男性がバイアグラの処方を受けたというデータがファイザー製薬の調査から発表されています。バイアグラを服用している男性のうちたくさんの方々は処方を受けるのではなく通販でバイアグラを購入しているため、実際にはどれほどたくさんの方がバイアグラを服用しているのかを未知数です。ファイザー製薬の調査結果ではバイアグラを服用すると5人のうちの4人の方が性行為をするために十分な強い勃起力を維持することができたという結果が出ています。

バイアグラは健全な性行為をするために勃起をすることができなかったり、勃起の状態を維持することができなかったり、中折れしてしまたったり、強度不足を感じるなどの勃起不全の症状を改善するためのED治療薬です。ED(イーディー)とは英語ではErectile Dysfunctionといい、この言葉を略してEDと呼び、日本語では勃起不全を意味します。バイアグラはED治療薬として服用する時のみに適切な効果を発揮するのであり、勃起不全ではない男性がバイアグラを服用しても適切な効果を感じることができない医薬品です。

バイアグラの効果を研究している研究者の間ではバイアグラを服用すると化学的な効用により勃起力を改善することができるという本来の効果の他に、大きなプラシーボ効果を確認することができたと発表しています。プラシーボ効果とは、医学用語で実際には薬としての効果のない糖分でできた錠剤などを効果がある薬だと患者に信じさせて服用させると実際に患者の症状が改善される試飲理的な現象をいいます。バイアグラにはED治療薬としての効用と共に、ポジティブな心理的効果も服用する方々にもたらしているようです。

 

  1. バイアグラを服用する際の注意点

 服用

バイアグラED治療薬でありシルデナフィルという有効成分が含まれた医薬品です。全ての医薬品がそうであるように、バイアグラを服用する際には数々の注意点があります。

バイアグラを服用する際の注意点として一番に挙げられることは、勃起不全身体物理的な問題から発生しているのであって心理的な問題から発生しているのでないことを確かめる必要があります。医師の診療を受けると医師からの質問に答えながら自らの症状を医師に相談し、バイアグラが症状を改善するために最も適したED治療薬であることを確かめる必要があります。常用で服用している薬などがあれば医師に話し、バイアグラを服用しても問題がないかを医師に確認しましょう。

持病

1)持病のある方

バイアグラを服用する際の注意点として、バイアグラを服用する前に、自らの体調が性行為をするために十分な健康状態にいるかを確かめることが重要になります。性行為は運動の一種として捉えられるため、心臓にある程度の負担をかけます。心臓が弱かったり、心臓疾患を患っている方の中で性行為自体を医師に止められている方はバイアグラの服用を避ける必要があります。

 

バイアグラの服用注意点として、以下の中の項目に持病がある方は服用を避け医師に相談してください。

 

・狭心症

・心臓疾患(心筋梗塞、心不全など)

・血管系疾患(冠動脈異常)

・動脈異常(大動脈瘤、動脈硬化)

・不整脈

・高血圧(100mmHg/170mmHg以上)

・低血圧(90mmHg/50mmHg以下)

・血友病

・網膜色素変性症、進行性の夜盲

NAION(非動脈性前部虚血性視神経症)

・重い肝機能障害(肝硬変など)

・重い腎臓障害

・白血病などの血液の病気

QT延長症

HIV治療薬などの抗ウイルス薬、水虫の内服用の抗真菌薬を服用している方

・過去に脳梗塞、脳出血などの脳血管の病気を患ったことがある方

・他の勃起不全治療薬・勃起補助器具を使用している方

・シルデナフィル製剤、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品を服用してアレルギー反応(過敏症)が出た方

・ペニスに関わる病気、奇形のある方

上記の症状を過去に患ったことがある方、服用できるか定かでないと思う方は医師に必ず相談してください。

 

65歳以上の高齢の方、胃や十二指腸の消化性潰瘍を患っている方も服用を避けるか、医師に相談してください。

 

2)バイアグラの併用禁忌薬

バイアグラ ED薬

バイアグラは血管を拡張して血流の流れを良くする薬で血圧を下げる作用をもたらします。ある種の薬と一緒に併用すると血圧を急激に下げ危険な状態になってしまう可能性がある医薬品です。

 

バイアグラを服用する際の注意点として、硝酸薬を服用する方はバイアグラとの併用を絶対に避けてください。急激な血圧の下降はめまいを起こしたり、心臓発作などを起こすことに繋がる可能性がありますので特に注意が必要です。硝酸薬の中には貼り薬、塗り薬、スプレー、注射、舌下など様々な形体の薬がありますので使用上の注意のリストをしっかりと確認してみましょう。

 

・亜硝酸薬(狭心症等の心臓疾患治療薬)

亜硝酸アミル等

 

・硝酸イソソルビド(狭心症治療薬)

アンタップ、イソコロナールR、イソピット、L-オーネスゲン、カリアントSR、ジアセラL、硝酸イソソルビド、ニトラス、ニトロール、フランドル、リファタック等

 

・一硝酸イソソルビド(狭心症治療薬)

アイトロール、一硝酸イソソルビド、ソプレロール、タイシロール等

 

・ニコランジル(血管拡張薬、狭心症治療薬)

ニコランジル、ニコランマート、シグマート等

 

・ニトログリセリン(狭心症治療薬)

ジドレン、ニトログリセリン、ニトロダームTTS、ニトロペン、バソレーター、ミオコール、ミニトロ、ミリステープ、ミリスロール、メディトランス等

 

・ニトロプルシドナトリウム水和物(血管拡張薬、血圧降下剤)

ニトプロ等

 

・ニプラジロール(緑内障,高眼圧症治療薬)

ニプラジロール、ニプラジロールPF、ニプラノール、ハイパジール

 

・可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤/リオシグアト

(肺動脈性肺高血圧症、慢性血栓塞栓性肺高血圧症などへの高血圧症治療薬)

アデムパス等

 

・アミオダロン塩酸塩(抗不整脈薬)

アミオダロン塩酸塩錠、アンカロン等

バイアグラ併用禁忌薬を良く確認し、これらの医薬品を服用されている方は服用を避けるようにしましょう。

 

3)バイアグラの併用注意薬

バイアグラを服用する際の注意点として、以下の医薬品はバイアグラと併用することは可能ですが注意が必要な医薬品です。これらの薬を服用されている方はバイアグラと併用する際に医師に相談してください。

 

・α遮断薬(高血圧や前立腺肥大のための治療薬)

アビショット、イセプレス、エブランチル、カルデナリン、テラゾシン、トラブゾン、ダウナット、 デタントール、ドキサゾシン、ハイトラシン、ハルナール、フリバス、 ミニプレス、ユリーフ、レギチーン等

 <併用を注意する理由>

α遮断薬は血管拡張作用により降圧作用をもたらすために、バイアグラと併用すると血圧が必要以上に降下してしまう恐れがあります。バイアグラと併用する際には注意が必要であるために医師に相談してください。

 

チトクロームP450 3A4阻害薬

イトラコナゾール、エリスロマイシン、ケトコナゾール、サキナビル、シメチジン、 ダルナビル、リトナビル等

 

<併用を注意する理由>

チトクロームP450 3A4阻害薬の中には代謝酵素阻害薬が含まれており、肝臓でバイアグラの有効成分であるシルデナフィルが代謝されることを阻害してしまうために血液中の濃度が増加すると共に、有効成分が体外へ排出される時間が延長されるため薬の作用が強く出すぎてしまう恐れがあります。バイアグラと併用する際には注意が必要であるために医師に相談してください。

 

 

・チトクロームP450 3A4誘導薬

ボセンタン、リファンピシン等

 

<併用を注意する理由>

チトクロームP450 3A4誘導薬の中には肝臓でバイアグラの有効成分であるシルデナフィルが代謝される能力を向上させる成分が含まれているために、バイアグラが体内で吸収されずに代謝されてしまうことに繋がってしまいます。従ってシルデナフィルの血漿中濃度が低下し、薬の効果が満足に得られないことに繋がるおそれがあります。バイアグラと併用する際には注意が必要であるために医師に相談してください。

 

・降圧剤

アムロジピン等

 

<併用を注意する理由>

降圧剤は血管拡張作用により降圧作用をもたらすために、バイアグラと併用すると血圧が必要以上に降下してしまう恐れがあります。バイアグラと併用する際には注意が必要であるために医師に相談してください。

 

・急性心不全治療剤

カルペリチド等

 

<併用を注意する理由>

カルペリチドは血管拡張作用により降圧作用をもたらすために、バイアグラと併用すると血圧が必要以上に降下してしまう恐れがあります。バイアグラと併用する際には注意が必要であるために医師に相談してください。

 

上記に記していない薬の中にも併用するとバイアグラの効果に影響をきたす薬もありますので、バイアグラと併用する際には必ず医師に相談するようにしましょう。

 

4)バイアグラの副作用

ED薬 副作用

医薬品には副作用が伴わないものはないといわれています。バイアグラを含むED治療薬にもそれぞれ副作用があります。バイアグラは3種発売されているED治療薬の中で最も副作用が強く出るといわれています。

しかし、バイアグラが市販された後に行ったファイザー製薬の調査の結果、バイアグラの副作用は被験者のうちのおよそ5%の人たちにのみ認められたという結果が出ています。3種類あるED治療薬が身体にもたらす効果と影響には個人差があるので実際に服用してみて効果を試してみてから自分の体質と服用のタイミングなどに合うED治療薬を探し出すことが良い方法のようです。

バイアグラの副作用の内で最も多い症状はほてり、潮紅がおよそ3%であり、次に頭痛がおよそ1%、動悸がおよそ0.4%となっています。

 

バイアグラの副作用には頭痛、ほてり、動悸、鼻づまり、消化不良、気分が悪くなる、腹痛、関節痛、筋肉痛、発疹、疼 痛、 熱感、目の充血、彩視症、視覚障害、結膜炎、光に過敏になったり色が変化して見える眼への変化などの症状があります。

 

バイアグラ効果持続時間であるおよそ4時間を過ぎたら副作用もなくなっていくことがほとんどですので大きく心配する必要はありません。4時間以上後も副作用が続くようでしたら医師に相談されることをおすすめします。

 

バイアグラを服用して4時間以上勃起がおさまらない場合は、後にペニスに損傷を与えてしまうことに繋がりますので、すぐに医師の診療を受けるようにしてください。

 

5)バイアグラは規定の用法と用量を守って服用する

日本で正式に認可されているバイアグラの用量25mgと50mgの2種類になります。この数字はバイアグラの中に含まれている有効成分であるシルデナフィルの包含量です。

バイアグラ海外では25mg、50mg、100mgと3種類までが販売されています。

日本で100mgが正式に認可されていないことを見るとわかるように、日本人の体質と体型には50mgまでの量で十分だということがわかります。欧米人は体格が大きいために100mgまでが認可されています。日本人でも体格が大きい方は100mgを服用することはできますが、必ず医師の指示に従い処方を受けた上で服用するようにしましょう。

バイアグラを規定の用量以上に服用して被験者に実際の効用を試す実験を行なったところ、用量を増やしても勃起力をより大きく高めたりするなどの効果は感じられなかったという結果がでています。より強い効果を期待して医師の指定した用量より量を増やしてED治療薬を服用することは、より大きな副作用をもたらすことに繋がる恐れがありますので避けましょう。

バイアグラ50mgを服用して効果を感じることができなかった方は医師に相談してください。用量を個人の判断で増やすことは避けましょう。

 

7)バイアグラ・食事の影響とタイミング

 

バイアグラは3種類発売されているED治療薬の中で最も食事の影響を受けやすいED治療薬だといわれています。バイアグラの服用注意点をよく読まずに食後に服用していて効果をあまり感じることができなかったという方もよくいらっしゃいます。バイアグラの効果を満足に感じるためには正しい食事のタイミングと共に服用する必要があります。

 

バイアグラの効果を最も感じることができる服用時は空腹時です。

性行為の1時間前に服用すると最も効果的だとされています。

バイアグラを1錠服用して次に服用することができる服用間隔は24時間です。1日に1錠以上は服用しないようにしてください。

 

バイアグラ食前に服用する際には少なくても30分前に、できれば1時間以上前に服用することをおすすめします。バイアグラの有効成分が体内に吸収されるまでには一定の時間がかかります。体内に吸収された後に食事をすると大きな問題には繋がりません。

 

バイアグラ食後に服用する際には食事をしてから2時間ほど空けて服用すると良いでしょう。

食事をする際には油分の少ないあっさりとした食事を腹7分目くらいにすると影響が少ないといわれています。

焼肉や天ぷら、ピザやフランス料理などの油分が多い食事をする際には6時間から7時間ほど時間を空けて服用する必要があります。油分の多い食事をした後は胃腸の壁に油分が残余しているために薬の効果を下げてしまうことに繋がります。バイアグラを服用する日はできるだけ油分が少ない食事をするように心がけましょう。

 

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは食べ物の中に含まれる油分と合わさってしまうと体内に吸収されることなく油と一緒に体外に排出されてしまう性質を持っています。シルデナフィルが体内に吸収され血液の中に溶け込むことで効果的な効用をもたらすことができます。やはりバイアグラを服用する際は空腹時が最も効果的だということができます。

 バイアグラを服用する際にはコップ一杯以上の水かぬるま湯で服用するようにしてください。水がなかったら清涼飲料水や薄いお茶などと服用することは可能ですが、牛乳と一緒に服用することは避けてください。牛乳の中に含まれている脂肪分が、シルデナフィルが体内に吸収することを阻んでしまいます。

 

8)グレープフルーツとそのジュースは避ける

グレープフルーツ

バイアグラを含む現在販売されている全てのED治療薬はグレープフルーツなどの柑橘系とそのジュースと一緒に服用すると悪影響があります。チトクロームP450 3A4阻害薬と同様、グレープフルーツの中に含まれているフラノクマリンという有機化合物が体内でバイアグラの有効成分が代謝される働きを阻害してしまいます。そのため、有効成分の血液濃度が高くなり効果が強く出すぎてしまったり、副作用が強く出たりすることに繋がってしまいます。柑橘系の中でレモンはフラノクマリンが含まれていませんので一緒に食べても問題ありません。

9)お酒は少量か適量に抑えるようにする

お酒を飲むことはED(勃起不全)に悪影響を与えるとされています。満足な効果を感じるためにバイアグラを服用する際にはお酒を控えると良いでしょう。

 

お酒は少量ですとリラックス効果をもたらすので、良い影響を与えることも考えられます。バイアグラと一緒にお酒を飲む際はごく少量に抑えるようにしましょう。

 

10)バイアグラはHIVなどの性感染症を守ることができる薬ではない

 

バイアグラは性感染症、HIVの感染から守ることができる薬ではありません。このようなウイルスに感染すると性病にかかる恐れがあるので、バイアグラの服用の有無にかかわらず避妊をするなどして注意しながら性行為を行うようにしてください。

11)バイアグラは催淫剤や性欲増進剤ではない

 

バイアグラを服用しても性的な刺激が与えられたり性的な興奮を感じることがないと勃起することはありません。バイアグラを服用したからといって勃起し続けるというようなこともありません。

 

バイアグラなどのED治療薬は対処治療薬でありED(勃起不全)の根本的な原因を治療するための薬ではありません。ED(勃起不全)を治療したい方は精力剤を服用したりするなどして体質改善をする方法があります。

健康で栄養分のあるバランスのとれた食生活をし、毎日運動を適度にし、タバコやお酒を控えることで健康な体づくりをすることはED(勃起不全)を克服することに繋がりますので、毎日少しずつ努力して健康な体を取り戻すことをおすすめします。

 

12) 通販で購入する海外産バイアグラにはたくさんの偽物が出回っている

 

バイアグラを含むED治療薬は個人輸入代行を通しての海外通販だと医師からの処方なしに購入することができます。しかし、海外通販では非常にたくさんの偽物が出回っていることが現状があります。偽物の中には専門家であっても本物かどうか見分けることが難しい薬剤も多く出回っているために安全性を重視するのならば医師の処方を通して購入する方が良いでしょう。

偽物を服用するとED治療薬としての効果を感じることができないばかりか不純物が混入している恐れがあるために健康に甚大な被害を及ぼす危険性があります。

個人輸入代行を通して購入する際には細心の注意を払い、信頼できる業者を徹底的なリサーチを通して探し購入する必要があります。

  1. バイアグラとジェネリック医薬品

 

バイアグラの特許が2014年5月に満了になってから、日本の製薬会社からもバイアグラのジェネリック医薬品が発売されるようになりました。

 

ジェネリック医薬品とは、新薬と呼ばれる新しい治療効果をもたらすために開発された「先発医薬品」の特許が満了した後、新薬と同等の有効成分を含みながら同じ効果、安全性、品質が公的機関を通して確認された「後発医薬品」を表します。ジェネリック医薬品は新薬と同等の効き目と品質を保つために数々の厳しい試験と検査にクリアして販売されます。ジェネリック医薬品には新薬をより飲みやすく風味などを加えて薬剤の形体を変えて改良されたものが多くみられます。新薬は普通、開発から販売までには百億円以上と多額の費用がかかり、費やされる歳月も10年から15年ほどと長い期間がかかりますが、それに比べてジェネリック医薬品は新薬を通してあらかじめ確かめられた有効性と用量などの情報を元に開発されるので開発期間は約3年程と比較的短く、開発費用も約一億円程となっています。このような理由からジェネリック医薬品は安価で患者に新薬と同じ効用を持った薬を提供することができるようになっています。

  

4-1. バイアグラのジェネリック医薬品

 

ED治療薬の中で正規国内の製薬会社から発売されている医薬品はバイアグラのジェネリックのみとなっています。

国内のバイアグラのジェネリック医薬品は東和薬品株式会社から販売されているシルデナフィル OD錠 50mg VI、キッセイ薬品工業株式会社から販売されているシルデナフィル錠 50mg VI、株式会社陽進堂から販売されているシルデナフィル錠 50mg VI、武田薬品株式会社から販売されているシルデナフィル錠 50mg VI、富士化学工業株式会社から販売されているシルデナフィル錠 25mg VIとシルデナフィル錠 50mg VI、本草製薬株式会社から販売されているシルデナフィル錠 50mg VI、摩耶堂製薬株式会社から販売されているシルデナフィル錠 25mg VIとシルデナフィル錠 50mg VI、辰巳化学株式会社から販売されているシルデナフィル錠 25mg VIとシルデナフィル錠 50mg VI、アルフレッサファーマから販売されているシルデナフィル錠 25mg VIとシルデナフィル錠 50mg VIなどと多数あります。

 

多数ある日本のバイアグラのジェネリックの中でよく処方される製品は知名度のある東和薬品株式会社キッセイ薬品工業株式会社のものになります。

 

飲みやすさで選ぶと東和薬品株式会社が販売しているシルデナフィル OD錠 50mg VIでしょう。こちらのED治療薬は口の中で溶かして服用するタイプのものでレモン風味とコーヒー風味の2種類が販売されています。

これらのジェネリック医薬品は日本のクリニックなどで処方を受けることができるために安心して服用することができます。バイアグラのジェネリックの平均価格は25mgでおよそ650円ほどとなっており、50mgでは1000〜1500円ほどとなっています。バイアグラの日本で処方される際の平均価格は25mgでおよそ1,200 ~1,500円 ほど、50mgでおよそ1,400 ~ 2,000円 ほどとなっています。バイアグラの正規品と比較すると経済的負担をかなり軽減することができることがわかります。

 

4 -2. 海外から輸入されるバイアグラのジェネリック医薬品

 

海外から輸入されるバイアグラのジェネリック医薬品の中で最も知名度がある医薬品はインドのアジャンタ・ファーマ社が製造販売している「カマグラ」「カマグラゴールド」です。インドは国際特許の法に準じないない独自の特許制度の元にジェネリック医薬品を開発しているためにバイアグラの特許が切れる以前からバイアグラのジェネリック薬品を開発販売していました。そのため、長い間の実績と知名度があるジェネリック医薬品となりました。日本でも通販を通してたくさん個人輸入されているED治療薬ののうちの一つです。

 

そのほか、インドで販売されているバイアグラのジェネリック医薬品はザイダスカディラ社のペネグラ(Penegra)、ランバクシー社のカベルタ(Caverta)、シプラ社のシラグラ(Silagra)などがあります。

インドから輸入されるバイアグラのジェネリック医薬品は国内のジェネリック医薬品に比べて格段安いので人気があるED治療薬となっています。しかし、通販で購入する際には偽物が多く出回っておりますので細心の注意を払い購入する必要があります。

 

  1. まとめ

 

バイアグラは一番歴史の古いED治療薬ということから世界中の男性から長年愛用されている医薬品です。以上にあげたような注意点を守り服用すると安心して良い効果を感じることができるED治療薬です。

注意点を守り医師の指示に従い服用すると、皆様の健全な性生活をサポートすることができる力強い味方となるでしょう。