1. バイアグラとは?

 

1-1. バイアグラの有効成分

バイアグラは有効成分シルデナフィルを含む世界で初めて開発発売されたED治療薬です。ED治療薬とはED(イーディー)と略して呼ばれ、英語ではErectile Dysfunctionという男性の勃起不全の症状を治療するために開発された医薬品です。ED治療薬はPDE-5阻害薬とも呼ばれ、勃起の状態を萎えさせてしまう体内で生成される酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を有効成分の働きにより阻害することで勃起の状態を維持させることを可能にします。また、ペニスの筋肉をリラックスさせることで血流を促進させ強く硬い勃起をすることをサポートします。

 

1-2. バイアグラの魅力

 

バイアグラは1998年にアメリカで発売された当初は多くの男性たちの悩みを解決する夢の薬として世界中の男性たちから注目を浴びました。日本では1999年に認可が降りて発売され始めました。

バイアグラの魅力は、一番初めに開発されたED治療薬ということもあり、長年かけて培われた医薬品としての信頼と実績にあるといって良いでしょう。バイアグラは勃起の時に強く硬いサポートをしてくれるということでも人気があるED治療薬です。

 バイアグラは一番初めに発売されたので、3種類発売されているED治療薬の中では食事の影響を受けやすかったり、効果時間が短く、副作用が比較的多いなどの点も挙げられますが、それでもED治療薬といえばバイアグラを思い浮かべる人が多いことからもわかる通り、たくさんの人に親しまれ愛用されているED治療薬です。

 1-3. バイアグラの用量

バイアグラ用量

バイアグラ国内の医療機関では25mgと50mgのみ販売されています。欧米ではバイアグラは25mg、50mg、100mgと3種類までが販売されています。

どの用量を服用するかは医師の指示に従って自らの体型と体質に合った用量を服用する必要があります。処方された用量で薬の効果があまり感じることができないような場合は必ず医師に相談した上で用量を増やすことができます。個人の判断で服用する用量を増やすことは避けましょう。

海外のバイアグラ・ジェネリックのほとんどは50mgから始まるものが多いので、用量の数字をよく確認し、ピルカッターなどを利用して半分に切ってから服用する必要があるなどの注意点があります。

バイアグラ ジェネリック薬

  1. バイアグラのジェネリック医薬品

 

バイアグラED治療薬であり医薬品なので薬局やドラッグストアなどでは購入することはできません。日本の国内で購入するためには医師の処方が必要になります。

ED(勃起不全)の治療は日本の厚生労働省が保険適応を認めていないので自由診療になります。ED(勃起不全)の治療のために病院やクリニックに行くと、保険が適応されないために診療費や医薬品代は全て自己負担になってしまいます。

クリニックや病院によっては診療科を払わないで薬代だけを負担するところもありますが、初診料や再診料などの診療料金がかかる医療施設もあります。

経済的な負担を軽減したい方は、様々なオプションがありますのでしっかりとリサーチをして病院を選ぶと少しずつでも節約することは可能です。

 

同じED(勃起不全)の治療でも糖尿病、高血圧症、男性更年期障害、性機能損傷と性機能障害原因でED(勃起不全)が生じている場合には保険が適応されるケースもあります。上記のような症状を患っているためにED(勃起不全)になっている方は医師に相談されることをおすすめします。

 

身体の健康状態は良好なのにED(勃起不全)を経験しているという方は、残念ながら現在の日本では保険が適応されないので病院からの処方によりで正規の値段で購入するか、海外からの個人輸入代行業者を通しての通販で買う必要があります。

 

2-1. ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品

ED治療薬を購入する経済負担を軽くするための方法は「ジェネリック医薬品」を購入することです。ジェネリック医薬品は他の言葉では「後発医薬品」といい、新薬の特許が満了した後に新薬と同等の効用・効果・安全性・品質を持ちながら安価で購入することができる医薬品のことをいいます。

新薬は10年から15年ほどの長い年月をかけて人々が患っている病気への新しい効果をもたらすために、新しい構造式を持つ有効成分を含む医薬品を開発します。この間には数々の研究、実験、試験、検査が伴うために何百億円という費用がかかります。このような理由から新薬は高価な値段で販売せざるを得ない状況があります。

一方ジェネリック医薬品は新薬の開発の時にあらかじめ確かめられた有効成分を同量含み、風味や添加物などを変えて開発販売される医薬品です。新薬の特許満了後に製造方法などの情報を提供してもらい開発するのでその開発期間も約3年で開発費用も約1億円となっています。このような開発プロセスの違いからジェネリック医薬品は安価新薬と同等の効用を持った薬を患者たちに届けることが可能になっています。

ジェネリック医薬品が新薬から変更していい部分は風味、色、添加物、形状などです。新薬が錠剤のみ販売されていたら、ジェネリック医薬品は口の中で噛んで飲むタイプ、ジェリー状のタイプ、コップに入れて溶かして服用するタイプなど様々な形状があります。

2012年8月に発表された中央社会保険医療協議会の薬価専門部会資料によるとヨーロッパのジェネリック医薬品の普及は70%以上、アメリカでは90%以上と大多数なのに比べて日本のジェネリック普及率は2016年度の日本ジェネリック製薬協会調べによると65.5%と低くなっています。

 

2-2. 日本のバイアグラ・ジェネリック

日本

バイアグラは3種類発売されているED治療薬の中で唯一国内の製薬会社がジェネリック医薬品を製造することが認可されているED治療薬です。日本の製薬会社がジェネリック医薬品を販売することができる理由は、バイアグラの特許が2014年5月に満了になっているからです。バイアグラよりも後に発売されたレビトラとシアリスはまだ特許が有効であるために国内の製薬会社はジェネリック医薬品を開発することが許されていません。

バイアグラのジェネリック医薬品は日本の医療機関にて処方してもらうことができます。バイアグラの新薬に比べると、ジェネリック医薬品の平均価格は25mgで600円 ~ 900円ほど、50mgで900円 ~ 1200円ほどとなっていて、バイアグラの平均価格が25mg でおよそ1,200 ~1,500円 ほど、50mgでおよそ1,400 ~ 2,000円 ほどですので、割安になっています。

 

日本のバイアグラのジェネリック医薬品は国内での通販では購入することはできません。日本で処方される国内の製薬会社の医薬品の通販は法律により禁止されています。しかし、バイアグラとバイアグラの海外で製造されたジェネリック医薬品を個人輸入代行などをとおして輸入することは法律では認められています。

このために、プライバシーなどがネックになり医療施設に赴きたくないという方は、日本のバイアグラのジェネリック医薬品を購入することは難しい状況です。近頃はスタッフ全員が男性のクリニックなどもありますので、日本のバイアグラのジェネリック医薬品を購入したいという方はお近くに男性専用のクリニックなどがあるか調べてみると良いかもしれません。

 

バイアグラなどのED治療薬の薬価は厚生省が定めた値段はなく、医師やクリニックによって自由に値段を設定することができるようにしてあります。薬の値段は医療施設によって異なりますのであらかじめ調査して病院に行くと良いでしょう。

 

 

<バイアグラの新薬とジェネリック医薬品の価格比較表>

日本円

バイアグラの新薬の価格 バイアグラのジェネリックの価格
25mg およそ1,200 ~1,500円 およそ600円 ~ 900円
50mg およそ1,400 ~ 2,000円 およそ900円 ~ 1200円

 

2-3. 日本のバイアグラ・ジェネリックの種類

2014年にバイアグラの特許が満了して以来、数多くの日本の製薬会社がバイアグラのジェネリック医薬品を開発販売して来ました。日本の医療機関でのシルデナフィルを含む医薬品はジェネリック医薬品の方が主流となっています。日本のジェネリック医薬品の魅力は何と言ってもその安価な値段と安心感にあるでしょう。2014年以前はバイアグラのジェネリック医薬品は海外からの個人輸入代行業者を通しての通販で入手可能でしたが、日本の製薬会社からのジェネリック医薬品が発売されて安心して購入することができるようになったと喜んだ方も多いのではないかと思います。

以下のリストは日本の製薬会社から販売されているバイアグラ・ジェネリックの基本情報のリストになります。

 

1) シルデナフィル錠25mg VI「キッセイ

 シルデナフィル錠50mg VI「キッセイ」

 製薬会社:キッセイ薬品工業株式会社

用量:25mg, 50mg

種類・色:丸い青い錠剤 (半分に割ることができる割り線・無し)

発売日:2014年9月

 

2) シルデナフィル OD錠 50mg VI「トーワ」

 

製薬会社:東和薬品株式会社

用量:50mg

種類・色:丸い白い錠剤(水なしで飲めるタイプ)

①レモン風味  ②コーヒー風味(半分に割ることができる割り線・有り)

発売日:2014年5月

 

 

3) シルデナフィル錠 25mg VI「テバ」

 シルデナフィル錠 50mg VI「テバ」

 

製薬会社:武田テバ ファーマ

(2016年に武田薬品工業株式会社とテバファーマスーティカル・インダストリーズ・リミテッドが合弁した会社)

用量:25mg, 50mg

種類・色:丸い薄いピンクの錠剤 (半分に割ることができる割り線・無し)

発売日:2014年10月

 

 

4) シルデナフィル錠 50mg VI「YD」

 

製薬会社:株式会社陽進堂

用量:50mgのみ

種類・色:青い楕円形の錠剤 (半分に割ることができる割り線・有り)

発売日:2014年8月

 

5) シルデナフィル錠 50mg VI「あすか」

 

製薬会社:あすか製薬株式会社

用量:50mgのみ

種類・色:青い楕円形の錠剤 (半分に割ることができる割り線・有り)

発売日:2014年8月

 

6) シルデナフィル錠 50mg VI「FCI」

 

製薬会社:富士化学工業株式会社

用量:25mg, 50mg

種類・色:青いひし形の錠剤 (半分に割ることができる割り線・無し)

発売日:2014年10月

 

 

7) シルデナフィル錠25mg VI「DK」

   シルデナフィル錠50 mg VI「DK」

 

製薬会社:製造・大興製薬株式会社、販売・本草製薬株式会社

用量:50mgのみ

種類・色:丸い薄いピンクの錠剤 (半分に割ることができる割り線・無し)

発売日:2014年9月

 

 

8) シルデナフィル錠 25mg VI「TCK」

 シルデナフィル錠 50mg VI「TCK」

 

 

製薬会社:辰巳化学株式会社

用量:25mg, 50mg

種類・色:丸い薄いピンクの錠剤 (半分に割ることができる割り線・無し)

発売日:2014年9月

 

9) シルデナフィル錠25mg VI「SN」

 シルデナフィル錠50mg VI「SN」

  

製薬会社:製造・シオノケミカル株式会社、販売・アルフレッサファーマ

用量:25mg, 50mg

種類・色:丸い薄いピンクの錠剤 (半分に割ることができる割り線・無し)

発売日:2014年9月

 

 

2-4. 日本のバイアグラ・ジェネリックの選び方

これだけたくさんのバイアグラ・ジェネリックが発売されているのでどれを選んで良いか迷う方もいらっしゃると思います。一般的によく処方されるのはキッセイ薬品工業株式会社のジェネリック、東和薬品株式会社のジェネリック、武田テバ ファーマなどでしょう。

 

東和薬品株式会社のシルデナフィル OD錠 50mg VI「トーワ」は国内のバイアグラ・ジェネリックとしては唯一水なしで服用することができ、レモン風味とコーヒー風味の2種類が販売されていて人気です。しかし、他のバイアグラのジェネリック医薬品に比べて価格が高く設定されている傾向がありますのでお値段を確かめて処方してもらうと良いでしょう。シルデナフィル OD錠 50mg VI「トーワ」は50mgしか発売されていませんが、半分に割ることができる割り線がついてるので自ら割って服用することが可能です。

 

武田テバ ファーマのジェネリック医薬品は世界中にジェネリック医薬品を販売しているテバファーマスーティカル・インダストリーズ・リミテッドと武田薬品工業株式会社が2016年に合併されて販売されているジェネリック医薬品です。バイアグラの新薬は青色の菱形と目につくデザインですが、この錠剤ですと他の種類の薬剤にもよくある形ですのでパートナーに持ち物を気づかれたくない方は丸型の白かピンクの錠剤を選ぶと良いでしょう。

キッセイ薬品工業株式会社は国内で新薬もジェネリック医薬品も両方開発販売している大手製薬会社ですので安心して服用することができるでしょう。

他には富士化学工業株式会社シルデナフィル錠 50mg VI「FCI」があります。この薬剤はバイアグラと錠剤の形、添加物、色が同一するために、バイアグラを愛用していて節約をしたいという方にはおすすめの医薬品です。25mgは販売されておらず、割り線もありませんので25mgで服用したい方は自ら割るか、ピルカッターなどを利用すると良いでしょう。

 

ジェネリック医薬品は新薬と同等の効き目と安全性を持つと定められている医薬品ではありますが、添加物が加わり製造方法が異なるなどしているので実際のところ±15%ほどの効果の差が出るようです。日本の製薬会社からはたくさんの種類が発売されていますのでいくつか試してみてから最も体に合うバイアグラ・ジェネリック医薬品を選んでみることが一番いい方法かもしれません。

 

  1. 海外のバイアグラ・ジェネリック

 

バイアグラのジェネリック医薬品が日本で2014年に発売される以前はバイアグラのジェネリック医薬品を購入する場合は通販の個人輸入代行業者を通して購入する方法がほとんどでした。現在では韓国の多数の製薬会社からバイアグラのジェネリックが販売されている他、アメリカやヨーロッパでもバイアグラのジェネリック医薬品を多数、製造販売されています。

 

3-1. バイアグラのジェネリック医薬品とインド

 

バイアグラのジェネリック医薬品として最も人気が高いED治療薬はインドで販売されているジェネリック医薬品です。その理由はインドの医薬品に対する特殊な特許法があるためにです。インドでは医薬品の国際特許法に準じることなく独自の特許法の元で医薬品を製造しています。そのため、バイアグラの特許が満了した2014年より以前からバイアグラのジェネリック医薬品が開発販売されていました。インドで製造されたジェネリック医薬品は、発展途上国の医療に大きく貢献しているという点もあり、欧米の医薬品会社もインドのジェネリック医薬品の製造販売に穏便な対応をしている現状があります。

日本から見ると発展途上に見えるインドですが、世界の発展途上国からみるとインドの製薬技術はとても優れており最新技術で稼働する製薬工場も多数存在し、アメリカやヨーロッパなどにも輸出されています。

インドで販売されているジェネリック医薬品の魅力は国内で販売されているジェネリック医薬品よりも更に安い価格にあるでしょう。しかし、インドから個人輸入する医薬品の中には偽物も多く混じっているので、しっかりとした調査の元に信頼できる個人輸入代行業者から正規のジェネリック医薬品を購入する必要があります。

 

3-1.インドのバイアグラ・ジェネリックの種類

カマグラゴールド

1) カマグラ(Kamagra)・カマグラゴールド(Kamagra Gold)

製薬会社:アジャンタ・ファーマ社/ Ajanta Pharma Limited

用量:50mg, 100mg

種類:

①錠剤

②ゼリータイプのカマグラ オーラルゼリー(KAMAGRA Oral Jelly)

③噛み砕くタイプのカマグラ チュウアブル(Kamagra Chewable)

④発泡剤タイプのカマグラ エファーベセント(Kamagra Effervecent)

 

アジャンタ・ファーマ社は1973年に設立されその後、ED治療薬のみならず眼科、皮膚科、心臓病系、及び痛み止めの薬などを手がけ販売しています。インドの他、アメリカ、フィリピン、アジア各国、中東、旧ソ連からの独立国などに普及されています。2000年にはインドの株式市場に上場しており、最新技術を持つ工場において医薬品を製造しています。

 

カマグラは国内用に作られ、カマグラゴールドは輸出用に製造されています。

カマグラには25mgが販売されていないために50mgを購入した際にはピルカッターなどを利用して半分に切って服用する必要があるという注意点があります。オーラルゼリーも量を半分に調整して服用する必要があります。

カマグラ チュウアブルはカッターなどで半分に切ることが難しいので服用の際には注意しましょう。

ぺネグラ ED薬

2) ぺネグラ(Penegra)

製薬会社:ザイダス・カディラ社/Zydus Cadila

用量:25mg, 50mg, 100mg

種類:錠剤

 

ザイダス カディラ社は、インド西部のグジャラート州にあるアハメダバード(Ahmedab​​ad)に本社を置くインドの製薬会社です。ザイダス カディラ社はインドで第4位の大手製薬会社であり、2015年にはインドルピーで547億の収益を達成しています。ジェネリック医薬品製造では世界的に重要な医薬品会社です。

ぺネグラ(Penegra)は25mgが製造されているためにカッターで切ることが面倒な方はペネグラを購入すると良いでしょう。通販では100mgが多く流注しているようですので服用の際には注意が必要です。

カベルタ ED薬

3) カベルタ(Caverta)

製薬会社:サン ファーマ社/ Sun Pharmaceutical Industries Ltd

用量:25mg, 50mg, 100mg

種類:錠剤

 

サン ファーマ社はインドの多国籍製薬会社で、マハラシュトラ州ムンバイに本社を置き、主にインドと米国で医薬品と医薬品の原料(API)を製造販売しています。サン ファーマ社は現在、インドで最大の慢性処方箋会社であり心臓病学、精神医学、神経学、胃腸病学、腎臓科、糖尿病学、整形外科、眼科など、さまざまな治療分野への医薬品を製造販売しています。また、ワルファリン、カルバマゼピン、エトドラク、クロラゼパート、抗痙攣薬、ステロイド、ペプチド、性ホルモン、規制物質などのAPIも提供している世界的に知名度のある製薬会社です。サン ファーマ社は2014年にRanbaxyを買収したことで、インドで最大の製薬会社となり、米国における最大のインド製薬会社、世界で4番目に大きい特殊医薬品会社となりました。

 

カベルタ(Caverta)も25mgが製造されているためにカッターで切ることが面倒な方はペネグラを購入すると良いでしょう。通販では50mgが多く流注しているようです。通販では100mgが多く流注しているようですので服用の際には注意が必要です。

シラグラ ED薬

4) シラグラ(Silagra)

製薬会社:シプラ社/ Cipla Limited

用量:25mg, 50mg, 100mg

種類:錠剤

シプラ社は1935年にインドのマハラシュトラ州にあるムンバイで設立され、アメリカのFDA(Food and Drug Administration 米国食品医薬品局)から認可された工場を有しているインドでもトップクラスの多国籍製薬会社です。創業以来80年以上にわたり、インドの製薬業界におけるリーダーシップをとり、発展途上国の貧困層のエイズやその他の病気を治療するために医薬品を製造販売してきました。シプラ社が製造している医薬品はインド、南アフリカ、アメリカ、ブラジル、オーストラリア、コロンビア、カナダなどの数多くの国々で販売されています。従業員は23,000人にも及びます。

 

シラグラ(Silagra)も25mgが製造されているためにカッターで切ることが面倒な方はペネグラを購入すると良いでしょう。通販では50mgが多く流注しているようです。通販では100mgが多く流注しているようですので服用の際には注意が必要です。

 

薬名 用量 製薬会社 製薬会社HP
カマグラ(Kamagra)

及び

カマグラゴールド

(Kamagra Gold)

50mg,
100mg
アジャンタ・ファーマ社 Ajanta Pharma Limited http://www.ajantapharma.com
ぺネグラ(penegra) 25mg, 50mg, 100mg Zydus Cadila

ザイダス・カディラ社

http://zyduscadila.com
カベルタ(Caverta) 25mg, 50mg, 100mg サン ファーマ社

Sun Pharmaceutical Industries Ltd

 

http://www.sunpharma.com
シラグラ(Silagra) 25mg, 50mg, 100mg シプラ社

Cipla Limited

 

http://www.cipla.com/en/

 

 

2-3. インド産のバイアグラ・ジェネリックの選び方

 インド産 ジェネリック薬

インドで製造されているバイアグラのジェネリック医薬品の中で最も人気の高いジェネリック医薬品カマグラとカマグラゴールドになります。日本の通販でも多く流通しているためにインド産のバイアグラのジェネリック医薬品を初めて試して見たいという方はカマグラとカマグラゴールドからお試しになることをお勧めします。

他にもザイダス・カディラ社、サン ファーマ社、シプラ社ともにインドでは信頼と知名度がある製薬会社ですので正規品を購入することができると安心して服用することができるED治療薬です。

 

2-4. バイアグラのジェネリックを選ぶ際の注意点

 

バイアグラのジェネリック医薬品を選ぶ際の注意点は一番に「用量」にあります。

初めてED治療薬を通販される方は、用量をあまり気にせずに購入してしまうことがありますが、日本で正式に認可されているシルデナフィルの用量は50mgです。25mgが適量の方もいらっしゃいますので、バイアグラのジェネリックをインドから個人輸入する際には必ず用量を確認して購入するようにしましょう。人気のカマグラゴールドは50mgからしか発売されていないので、25mgが適量の方はピルカッターなどで切る必要があります。その他3種類のジェネリック医薬品は25mgも販売されていますが、日本の通販で多く流通している用量は100mgです。探せば25mgも入手できると思いますので注意して購入するようにしましょう。100mgを購入する際には必ず半分、あるいは4分の1に切ってから服用してください。切って残った錠剤は光と湿気に当たらないように保存しながらできるだけ早く服用してください。

 

 

2-5. バイアグラ・ジェネリックを服用する際の注意点

 服用

バイアグラのジェネリックを服用する際にはバイアグラの服用する際の注意点を良く読んで従い服用する必要があります。

バイバグラを服用する際の注意点として、狭心症、心臓疾患(心筋梗塞、心不全など)、血管系疾患(冠動脈異常)、動脈異常(大動脈瘤、動脈硬化)、不整脈、高血圧(100mmHg/170mmHg以上)、低血圧(90mmHg/50mmHg以下)、血友病、網膜色素変性症、進行性の夜盲、NAION(非動脈性前部虚血性視神経症)、重い肝機能障害(肝硬変など)、重い腎臓障害、白血病などの血液の病気、QT延長症などの持病がある方は服用することができません。また、過去に脳梗塞、脳出血などの脳血管の病気を患ったことがある方も服用できません。

他の勃起不全治療薬・勃起補助器具を使用している方、シルデナフィル製剤、バイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品を服用してアレルギー反応(過敏症)が出た方、ペニスに関わる病気、奇形のある方も服用することができません。

65歳以上の高齢の方、胃や十二指腸の消化性潰瘍を患っている方も服用を避けるか、医師に相談してください。

 

バイアグラの併用禁忌薬として硝酸薬、亜硝酸薬、硝酸イソソルビド、ニコランジル、ニトログリセリン、ニトロプルシドナトリウム水和物、ニプラジロール、可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤/リオシグアト、アミオダロン塩酸塩(抗不整脈薬)などが挙げられます。併用すると生命の危険に晒される恐れがありますので併用は絶対に避けてください。

 

バイアグラの併用注意薬としてはα遮断薬、チトクロームP450 3A4阻害薬、チトクロームP450 3A4誘導薬、チトクロームP450 3A4誘導薬、急性心不全治療剤などを服用している方は特に注意が必要ですので必ず医師に相談するようにしてください。

 づ痛

バイアグラの副作用として頭痛、ほてり、動悸、鼻づまり、消化不良、気分が悪くなる、腹痛、関節痛、筋肉痛、発疹、疼 痛、 熱感、目の充血、彩視症、視覚障害、結膜炎、光に過敏になったり色が変化して見える眼への変化などの症状があります。

 

バイアグラのジェネリック医薬品は、特にインドで製造されたものは副作用の出方に差があるといわれています。副作用を強く感じた場合には服用を中止して医師に相談してください。1種類のバイアグラのジェネリック医薬品で副作用が出た場合は他の種類のバイアグラのジェネリック医薬品を服用して副作用の出方を試す方法があります。また、バイアグラのジェネリック医薬品を服用して副作用が出すぎた場合は、シアリスやレビトラなど他の種類のジェネリック医薬品を服用して見ることで副作用がより少ないジェネリック医薬品を探し出すことができます。日本のジェネリックで試す場合は必ず医師の指示に従い服用するようにしてください。

 

2-6. 通販で購入する際の注意点

医薬品 通販

バイアグラのジェネリック医薬品は日本の医療機関で購入することができることから、海外からの通販をとおしてリスクを考慮にいれながらも購入する必要はないでしょう。しかし、経済的負担を最小限に抑えたい方は、インドから個人輸入代行の通販を通して購入する方法があります。この場合は、偽物が混じっている危険性があるということを知りながら、最新の注意を払って購入する必要があります。偽物を服用するとED治療薬としての効果を感じることができないばかりか、重度の副作用を感じるなどの危険性があります。

また、個人で認可されていないジェネリック医薬品を購入して副作用が強く出たり、偽物のために体調が悪化したというような場合も日本の「医薬品副作用被害救済制度」の救済を受けることができません。このような注意点を考慮に入れて通販で購入するか、正規のジェネリック医薬品を医療機関にて処方してもらうかを決める必要があります。