1. はじめに

レビトラはバイアグラに続いて日本では2004年6月に発売されたED治療薬です。ドイツのバイエル薬品株式会社開発販売しており、錠剤の色は淡いオレンジ色の丸型です。バイエル薬品は欧米を中心に鎮痛・頭痛・解熱剤の薬の代名詞ともなっているアスピリンを製造している会社でもあります。

レビトラは2003年にFDA(米国食品医薬品局)から認可を受けた「PDE5阻害薬」です。勃起の状態を維持できなくさせるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)が体内で生成されることを抑制することで勃起を維持させることを助ける医薬品です。

レビトラは男性のED: Erectile Dysfunction(イーディー)と呼ばれる勃起不全を治療するために開発されたED治療薬であり医薬品です。

レビトラは世界で入手できるED治療薬の中で最も効果的な医薬品の一つだとされています。レビトラに含まれている有効成分であるバルデナフィル(Vardenafil)が血流を促進させ男性の性器の血管を拡大することで勃起する力をサポートし、勃起の状態を維持することができるように助けます。このような効用によりうまく性行為ができるよう補助することができるのです。

 

 

レビトラの一番の特性は薬の速効性にあるといって良いでしょう。バイアグラと比較してレビトラの有効成分であるバルデナフィルは水に溶けやすい性質を持っているために有効成分が体内に吸収されやすくなっています。最短では15分で効果が表われるレビトラは、緊急にED治療薬を服用する必要があるシチュエーションの場合や、より速い効果を求める時は3種類のED治療薬の内でレビトラを服用すると良いでしょう。尚、レビトラを服用してから効果を感じることができるまでの時間は個人差がありおよそ15分から45分までの間になっています。

バイアグラは最短で服用してからおよそ30分、シアリスはおよそ1時間ほどの時間が効果を感じることができるまでにかかるとされています。

 

レビトラはバイアグラと比べて食事の影響を受けにくいので、どうしても食後に服用しなければならない状況の時等はバイアグラよりもレビトラを服用すると良いでしょう。食後の場合は30分ほど時間をあけると効果が出ると言われており、2時間以上あけると食前に服用するのを同等の効果を期待できるとされています。

レビトラはバイアグラのシルデナフィルよりも有効成分であるバルデナフィル強い効力を発揮するために、勃起した時の硬さ強さに定評があるED治療薬です。

 

このような特徴を持つレビトラはバイアグラよりも速効性があり、副作用が少なく、食事の影響を受けにくく、効力により強さがあるとして世界の男性たちから愛用されているED治療薬です。これまでにバイアグラを服用して副作用がでてしまっていたり、食事の影響で弱い効果しか感じることができない方などはレビトラを試してみることをおすすめします。

 

  1. レビトラを服用する際の注意点

服用

レビトラは決められた用法と用量、注意点を守って服用すれば安全に勃起不全を克服し、健全な性行為を楽しむことができるED治療薬です。

レビトラを服用するときは以下の注意点を良く読んで従い服用することをおすすめします。

 

1)持病のある方

病気

レビトラの服用注意点として、以下の中の項目に持病がある方は服用を避け医師に相談してください。

 

・狭心症

・心臓疾患(心筋梗塞、心不全など)

・血管系疾患(冠動脈異常)

・動脈異常

・不整脈

・高血圧

・低血圧

・網膜色素変性症

・重い肝機能障害

・重い腎臓障害

・HIV治療薬などの抗ウイルス薬、水虫の内服用の抗真菌薬を服用している方

・QT延長症の方

・過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方

 

この他にも心臓が弱く、医師に性行為自体を止められたり、控えるように指示を受けている方は服用を避ける必要があります。

上記の症状を過去に患ったことがある方、服用できるか定かでないと思う方は医師に相談されることをおすすめします。

バイアグラも共通して上記の症状を患っている方は服用を避ける必要があります。

 

2)レビトラの併用禁忌薬

・硝酸薬

狭心症、心筋梗塞、脳梗塞後遺症、心臓喘息の治療に使われるアイスラールやアイトロール、亜硝酸アミル、一硝酸イソソルビド錠、ニコランジル、ニトログリセリン等

 

硝酸薬の中には貼り薬、塗り薬、スプレー、注射、舌下など様々な形体の薬がありますので使用上の注意のリストをしっかりと確認してみましょう。

 

・抗真菌薬

水虫用の内服薬、カビなどにより感染症用の治療内服薬など

イコナゾンカプセル、イトラリールイトリゾール、イデノラート、ケトコナゾール(内服用)等

 

HIV治療用の抗ウイルス薬

インビラーゼ、カレトラ、クリキシバン、テラビック、ノービア、フォートベイス、ブリジスタ、レイアタッツ、レクシヴァ等

 

・抗不整脈薬

アジマリン、アミオダロン塩酸塩錠、アンカロン、ジソピラ、シベノール、ノルペース、ファンミル、リスピン、リスモダン、リゾラミド、硫酸キニジン等

 

 

・高血圧症治療薬

アダムパス錠等

 

この他にも併用禁忌薬がありますのせレビトラ併用禁忌薬を良く確認し、これらの医薬品を服用されている方は服用を避けるようにしましょう。

3)レビトラの併用注意薬

 

高血圧や前立腺肥大のための治療薬であるα遮断薬

アビショット、イセプレス、エブランチル、カルデナリン、テラゾシン、トラブゾン、ダウナット、 デタントール、ドキサゾシン、ハイトラシン、ハルナール、フリバス、 ミニプレス、ユリーフ、レギチーン等

 

 

CYP3A4阻害剤(マクロライド系抗生物質)

アセチルスピラマイシン、エリスロシン、クラリス、ジスロマック、ジョサマイシン、ビカルタミド、ロイコマイシン等

 

・CYP3A4誘導剤(結核治療薬、抗てんかん薬)

アプテシン、アレビアチン、テグレトール、ヒダントール、フェノバール、リファジン等

 

・急性心不全治療剤

カルペリチド等

 

 

4)レビトラの副作用

づ痛

医薬品の中で副作用のない薬はないといわれています。同様にレビトラにも副作用があります。

 

レビトラはバイアグラの欠点と不便な点を改良するために開発された医薬品ですので副作用はバイアグラと比べると少なく軽いとされています。バイアグラを服用して副作用を感じる方は9割といわれています。一方レビトラを服用して副作用を感じる方は3割ほどとなっており、バイアグラで副作用を感じたという方もレビトラでは感じにくいことがありますので、レビトラを試してみることをおすすめします。

 

最も頻繁に表れる副作用としては頭痛、嘔吐、めまい、鼻づまり、動悸、ほてり、目の充血、胃のむかつき等があります。レビトラの副作用とバイアグラの副作用の症状は有効成分の化学構造式が類似しているために、その副作用も類似しています。バイアグラとレビトラを服用して両方副作用が出たという方はシアリスを試してみると良いでしょう。

 

このような副作用の症状は服用して数時間してからなくなることがほとんどです。薬の効用時間が切れると副作用も治ります。

 

レビトラを服用してから4時間以上経ってからも副作用が治らない場合は医師の診察を受けることをおすすめします。

 

5)レビトラは規定の用法と用量を守って服用する

 

レビトラを服用する際の注意点として、規定の用法と用量を守って服用することが大切になります。

 

レビトラは日本で正式に認可され処方を受けることができるお薬は5mg、10mg、20mgとなっております。

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルよりも強い効果を身体にもたらします。

レビトラ20mgバイアグラ100mgに匹敵する効果を持っています。

バイアグラは日本では25mg、50mgが正式に認可されている用量です。レビトラの有効成分であるバルデナフィルの強い効力からレビトラは3種類発売されているED治療薬の中で最も勃起効果が強いED治療薬だとされています。

 

レビトラは欧米ですと2.5mg、5mg、10mg、20mg、40mgと60mgまでが処方されています。日本ではレビトラは5mg、10mg、20mgのみが処方されているのを比較しても、日本の男性の平均的な体格や体質が欧米の男性の許容量とは異なることが見てとることができます。欧米でも一番初めに服用する時に勧められている用量は10mgとなっています。

日本のクリニックでは5mgを扱っていないところが多いようで、大抵10mg、20mgを処方します。

 

より強い効果を求めて自己判断をして医師から処方された以上の用量を個人輸入を通して購入して服用することは危険ですので避けてください。

 

 

 

 

6)レビトラは性的刺激や性的興奮を受けた時にのみ効果を発揮する

 

レビトラの有効成分であるバルデナフィル性的刺激や性的興奮を受けた時に勃起する力を促進させる作用をもたらします。バイアグラやシアリスと同様にレビトラを服用したからといって自然に勃起するということはありません。

 

性欲が減退していたり、性的興奮を感じることができないような場合は、精神的な要因やストレスなどが勃起不全の原因になっていることが考えられますので心理的なカウンセリングを受けたり、精神的な治療法を考えて見ることをおすすめします。

 

レビトラやバイアグラ、シアリスなどのED治療薬は一定の期間服用し続けるとED(勃起不全)を根本的に解決することができるタイプの医薬品ではありませんのでその違いを理解する必要があるでしょう。このような医薬品は対処療法用の薬であり、体質改善をはかるためもものではありません。体質改善を行うのなら、精力剤を服用して毎日運動し健康な食生活をするなどの方法がありますので調査してみると良いでしょう。

 

 

 

7)食事の影響とタイミング

 食事

レビトラは食事の影響を受けにくいといわれていますが、レビトラの効果を十分に感じるためには以下の注意点を守って服用する必要があります。

 

レビトラ空腹で飲むと最も効果的であり薬の効力が長く持続します。

 

レビトラはバイアグラと比べると食事の影響を受けにくいのであっさりとした食事でしたら食後30分以降から服用することができますが、食後2時間から3時間ほど時間を空けてレビトラを服用することがより良い選択になります。

 

食前レビトラを服用する場合には食事をする少なくとも30分以上前に服用すると良いでしょう。一度レビトラが体内に吸収されると食事をしても大きな問題にはなりません。

 

レビトラはバイアグラに比べると食事の影響を受けにくいとされていますが、食事の中に含まれている油分は有効成分が体内に吸収されることの邪魔をします。レビトラを服用してから天ぷらや焼肉などの油分がたくさん含まれている食事やカロリーの高い食事をすることは避けましょう。また、食事をしてからすぐにレビトラを服用すると食事の中に含まれている成分との関係で、薬の効果がいつ表われるか予想が難しくなっています。性行為のタイミングに合わせて薬のピークの効果時間に合わせたいという方は空腹に服用すると良いでしょう。

 

レビトラは性行為の20分から1時間前に服用する必要があります。

レビトラの有効成分が最も効果を表すタイミングは服用してから約45分から1時間ほどだとされています。

レビトラの持続時間は10mgで3時間ほど、20mgで4時間ほどです。

 

レビトラはバイアグラやシアリスと同様、1錠服用してから次の1錠を服用するまでの間隔は24時間とされています。1日に数回性行為を行いたいからといって1日の間に1錠以上を服用することは避けましょう。このような場合には1錠で24時間から36時間までの効果をもたらすシアリスを服用することをおすすめします。

 

レビトラはコップ一杯以上の水かぬるま湯と一緒に服用すると一番良いとされていますが、お茶やジュースなどと飲んでも問題はないとされています。

しかし、濃い茶やコーヒーなどと服用することは効果を下げることにつながるので避けましょう。

 

8)グレープフルーツとそのジュースは避ける

 

レビトラを服用する際の食べ合わせの注意点として避けるべき重要な食べ物はグレープフルーツとなっています。

レビトラ、バイアグラ、シアリスなどの全てのED治療薬はジェネリック医薬品も含めてグレープフルーツとそのジュース、柑橘類の果物と一緒に服用することを避ける必要があります。グレープフルーツの中に含まれるフラノクマリンという成分がED治療薬の中に含まれている有効成分を内々で代謝させる酵素の働きを妨げてしまいます。そのために有効成分が体により多く吸収されてしまったり、有効成分が体外に排除されるプロセスを阻害して成分が体内に残留してしまいます。

 

 

 

9)お酒は少量か適量に抑えるようにする

お酒

レビトラはバイアグラと同様お酒を避けるか、少量に抑える必要があるED治療薬です。お酒を服用するとレビトラの効果が下がるばかりか副作用が強くなる恐れがありますので避けましょう。

 

レビトラは血流の巡りをよくする働きをもたらすED治療薬ですので、レビトラを服用してお酒を飲むとお酒がよく回りすぎてすぐ酔ってしまったり、最悪の場合はアルコール中毒になってしまう恐れがあります。

 

お酒には精神をリラックスさせる効果があるために少量ですと良い効果をもたらすとされていますので、できるだけ少量に抑えるようにしましょう。

クリニックによってはレビトラやバイアグラなどのED治療薬と共に精神安定剤を処方しているところもありますので、お酒が苦手で緊張してしまうという方はお酒よりも精神安定剤を服用する方が良いでしょう。

 

10)糖尿病に効きにくいED治療薬の中で最も有効性が確認されている

 

バイアグラやシアリスなどのED治療薬糖尿病にかかっている方には効果が出にくいとされている医薬品です。血糖コントロールが悪い方ほどED治療薬が効きにくいという調査結果が発表されています。

レビトラはED治療薬のの中でも糖尿病に最も効果的な有効性をもたらすED治療薬として注目されています。

 

レビトラは血糖病のみならず、ED治療薬が効果を発揮しにくい前立腺ガンの手術を経験した方、脊椎損傷された方、うつ病の方にも有効性が確認されています。

上記のような持病を患いED治療薬をお考えの方にはレビトラをおすすめします。

バイアグラを試してみて効果をあまり感じなかったり、弱い効果しか感じることができなかった方もレビトラを試してみると良いでしょう。

 

11)性行為をするために必要な時にだけレビトラを服用する

 

レビトラはバイアグラ、シアリスと3種類あるED治療薬の中で最も速効性のあり強い効果をもたらす医薬品です。

 

早く強く効くED治療薬を求めるのでしたらレビトラ高用量の20mgが良いでしょう。

 

レビトラはED治療のための医薬品であるためにED(勃起不全)ではない健康な男性は服用しないようにする必要があります。勃起力を強くしようと健康な男性がバイアグラやレビトラなどのED治療薬を服用すると副作用である頭痛や吐き気がひどく出たり、ほてり、目の充血、むくみなどが出て翌日まで体調が悪くなる事例が報告されています。

 

勃起不全で悩んでいない男性はレビトラやバイアグラなどのED治療薬を服用することを避けることが賢明です。

 

 

12) 通販で購入する海外産レビトラにはたくさんの偽物が出回っている

 

日本で正規ED治療薬を販売している大手製薬会社の合同調査によりレビトラの通販の商品を調べたところ約5割は偽物であったという調査結果が出ています。

偽物であるかどうかは専門家でも判断が難しいことがあるくらい、良くできた偽物が出回っています。

偽物を購入すると効果が期待できないばかりか不純物が混入していることもあり、健康に重大な害を及ぼす可能性がありますので、初めて服用される方は医師の処方を受けることをおすすめします。

通販で購入する際には細心の注意をはらい信頼できる個人輸入の代理を行なっている業者を通して購入するようにしましょう。

ジェネリック薬

4. レビトラとジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは新薬の特許が切れた後に新薬と同等の効力、品質と安全性を持って販売される後発医薬品のことをいいます。

新薬が開発販売された後にその有効成分、効力、効果、安全性なのであらかじめ確かめられているために、新薬よりも安い開発費用で開発された医薬品のために、患者にも安価で提供できるようになった医薬品です。

新薬の開発にはおよそ9年から17年もの月日と数百億円以上の開発費用が費やされ、数々の厳しい試験と実験、検査をクリアして販売されます。

ジェネリック医薬品は新薬と比較するとおよそ3年から4年の月日と約1億円ほどの開発費用が費やされています。このような理由により薬を安価で提供することが可能になっている医薬品です。

 

ジェネリック医薬品は新薬と効能、品質、安全性を同等にする必要があり、含まれている有効成分の量も同量にする必要があるという規定の元で製造されています。変更して良い部分は含まれている添加物を変化させて飲みやすく味や形体を変えることです。ジェネリック医薬品の中には飲みやすく改良された薬剤が多く、風味が加えられたりなどして販売されています。

 

 

4-1. レビトラのジェネリック医薬品は日本で認可されていない

レビトラの特許はまだ有効期間内にあるため、日本で正式にレビトラのジェネリックを処方してもらうことはできません。病院から処方されるレビトラの平均価格は1錠10mg でおよそ1,200 ~1,800円 ほど、20mgでおよそ1,400 ~ 2,200円 ほどとなっており、日常で使用するには高価に感じる方も多いのが実情です。

レビトラに比べてバイアグラは特許が2014年5月に満了したため、日本国内の製薬会社もバイアグラのジェネリック医薬品を販売するようになりました。バイアグラのジェネリックと比べるとレビトラが高価に感じる方も多いだろうと推測します。シアリスのジェネリックと共にレビトラのジェネリック医薬品が国内で販売される時期を心待ちにしている方も多数おられるようです。

4 -2. レビトラのジェネリック医薬品はインドでのみ開発販売されている

インド

レビトラジェネリック医薬品はレビトラの特許がまだ有効なために欧米や日本では販売されていませんが、国際特許の基準ではなく、独自の国内特許法により医薬品を開発販売しているインドではレビトラのジェネリック医薬品が販売されています。インドではED治療薬のみならず、他の様々な医薬品のジェネリック医薬品が開発販売され、アフリカなどの発展途上国で使用されています。

 

レビトラジェネリック医薬品は全てインドの製薬会社で製造販売されているもので、アジェンタファーマ社のバリフ(Valif)、センチュリオンラボラトリーズ社のビリトラ(Vilitra)、サンライズレメディ社のジェビトラ(Zhewitra)、サバ・メディカ社のサビトラ(Savitra)、マクレオーズ社のシルビトラ(Silvitra)があります。

 

レビトラジェネリック医薬品の中で特に人気の医薬品はバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラゴールドの製造販売でも有名なアジャンタファーマシャバリフ(Valif)です。バリフはタブレット状の錠剤のものと、ゼリー状でオレンジ、パイナップル、カシス、ミント、バタースコッッチなどの風味が加わったものの2形体で販売されています。

 

レビトラのジェネリック医薬品は通販で需要が高いために、その分偽物も多く出回っている状況にあります。偽物を服用するとED治療薬の効果を感じることができないことがあるばかりか、健康に甚大な被害がでることも報告されていますので個人輸入代行で購入する際には特に注意が必要です。

一番安心できる方法は、医師の処方により正規のレビトラを購入することでしょう。

5. まとめ

レビトラは以上に記した注意点を守って服用すると、安心して効果的な勃起力サポートを受けることができるED治療薬です。服用の際の用量と用法、注意点に従いさえすれば大きな副作用などが生じることは稀です。レビトラの効力を楽しむためにも事前に注意点を良く読んで服用すると良いでしょう。

皆さまが健やかで喜びに満ちた性生活を送ることができるようにサポートすることができましたら幸いです。