1.レビトラとは?

1-1. レビトラの有効成分

レビトラバルデナフィル(Vardenafil)という有効成分を含むED治療薬であり医薬品です。

ED(イーディー)とは英語ではErectile Dysfunctionといい、日本語では勃起不全を意味する言葉です。日本で正式に認可が下りているED治療薬の新薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類になります。レビトラはバイアグラの次に販売されるようになったED治療薬です。

シアリス・バイアグラ・レビトラ

レビトラとバイアグラ、シアリスは共にPDE-5阻害薬と呼ばれ、勃起の状態を維持することができなくする体内で生成される酵素あるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を有効成分により阻害することで、勃起の状態を維持することができるようにサポートするED治療薬です。ED治療薬は体内にある一酸化窒素の働きを促進させることで性器の筋肉をリラックスさせます。筋肉が緩むと勃起した時に流れ込むことができる血流の流れと量が増加します。このような作用からよりスムーズで強い勃起をすることができるようにサポートし、性行為をするために十分な長い勃起時間を維持することができるようにします。

レビトラはドイツに本社を置くバイエル薬品株式会社が製造販売し、2003年にFDA(米国食品医薬品局)から認可を受け国際的に発売されるようになり、日本では2004年6月に厚生労働省の認可を得て発売されるようになりました。バイエル薬品株式会社は欧米では頭痛薬の代名詞のようになっているアスピリンを製造している大手製薬会社です。

 

1-2. レビトラの魅力

速効性

レビトラとバイアグラは有効成分の化学構造式がとても似ていることから、その効果と効用もよく似ています。レビトラはバイアグラより新しく開発されたED治療薬であることからバイアグラの短所を改良して発売されたED治療薬ということで知られています。

 

レビトラの一番の魅力は効果の速効性にあります。服用して最短では15分ほどで効果が表れることから、緊急のシチュエーションや思いがけずパートナーと性行為をするようなことになった時にも直前に服用することでED治療薬としての効果を感じることができます。

服用するタイミングとして最も適した時間は性行為の45分〜1時間前とされています。レビトラの速効性はレビトラの有効成分であるバルデナフィル水に溶けやすい性質があるために起こる効果です。

レビトラはバイアグラに比べて食事の影響を受けにくいED治療薬だとされています。バイアグラは食事の後に服用すると効果が半減してしまうとされていて、食後に服用する際は少なくても1時間、できれば2時間以上空けて服用しないと満足な効果を感じることができない性質を持っています。

レビトラ食後最低30分ほど空けると服用することが可能だとされています。食事の内容はあっさりしたものを中心に700カロリーまでなら影響は少ないとされています。レビトラは食事の影響を受けにくく、速効性のあるED治療薬として発売当初に話題となりました。しかし、レビトラも最も効果を感じることができる服用のタイミングは空腹時になります。

食前に服用する際には少なくても30分前に服用すると有効成分が体内に吸収された後に食事をすることになりますので大きな問題には繋がりません。1時間ほど前に服用するとより良いでしょう。

 

レビトラはバイアグラに比べてお酒の影響も受けにくいED治療薬だとされています。一般的にED(勃起不全)の症状自体にお酒は悪影響を与えるので飲酒は控えた方が良いと言われています。レビトラとお酒の連関を研究した結果では、レビトラはお酒を一緒に服用しても健康に大きな影響を及ぼすことはなく安全だという調査結果が出ています。しかし、お酒を服用するとレビトラの有効成分が体内でより多く吸収されやすくなってしまうので副作用が強く出てしまう恐れがあります。お酒は気分をリラックスさせる効果があることから少量ですとED(勃起不全)に良い影響を与えると言われていますので、レビトラやバイアグラを服用する際にはお酒はごく少量に抑えるようにしましょう。

 

レビトラやバイアグラなどのED治療薬はタバコの影響を受けるとされています。タバコを吸うとED(勃起不全)に悪影響を与える他、レビトラの効果を弱めてしまう可能性がありますのでタバコを吸う方は医師に相談するようにしましょう。

 

バイアグラ効果持続時間は4時間ほどとされていますが、レビトラの効果持続時間は10mgは4時間ほど、20mgは8時間ほどとより長くなっています。

 

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルに比べてレビトラの有効成分であるバルデナフィルは効果の強い成分ですのでバイアグラよりも少量で強い効果を身体にもたらすことができます。レビトラはバイアグラやシアリスと比較して勃起の強さと硬さは一番だといわれています。

 

レビトラを服用すると刺激に対して感覚が鈍感になるとされています。そのために早漏症の傾向がある方はレビトラを試してみることが勧められています。

レビトラの用量

1-3. レビトラの用量

レビトラの用量は日本では5mg、10mg、20mgが正式に認可され販売されています。欧米では2.5mg、5mg、10mg、20mg、40mgと60mgまでが処方されています。欧米の方が1錠あたりの用量がより多い錠剤が販売されていますが、欧米でも初めて服用する方には10mgから服用するように勧められています。2.5mgと5mgは健康上の理由で通常の10mgを服用することができない方や、少しずつ量を増やして服用してみたい方のために開発されている小容量の錠剤です。10mgを服用して効果が弱かったら、2.5mgずつ少しずつ量を増やして服用することができるのです。しかし、日本では2.5mgは販売されていないので5mgを半分に切って用量を増やすなどの方法があります。用量を増やす際には必ず医師に相談して指示に従うようにしてください。

レビトラの最大服用可能用量は20mgになります。20mg以上の用量を服用すると強い副作用がでるなどの恐れがあるために個人の判断で用量を増やすことは避けましょう。最悪の場合はプリアピスムという持続勃起症になってしまう恐れがあります。勃起持続症になってしまった場合はすぐに医師に相談しに行ってください。

 

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルレビトラの有効成分であるバルデナフィルは同じような働きを身体にもたらします。しかし、用量に関しましては効果の出方が異なるために、それぞれ服用してみて医師に指事された用量から試すことをお勧めします。

レビトラとバイアグラの比較

1-4. レビトラをバイアグラと比較すると

レビトラとバイアグラは有効成分の化学構造式がとてもよく似ているために、たくさんの共通点があります。

レビトラとバイアグラを服用する際に併用することができない併用禁忌薬併用注意薬には多くの共通薬品名を含みます。

レビトラ併用禁忌薬硝酸薬、抗真菌薬、HIV治療用の抗ウイルス薬、抗不整脈薬、高血圧症治療薬などです。

レビトラ併用注意薬α遮断薬、CYP3A4阻害剤、CYP3A4誘導剤、急性心不全治療剤などとなっています。

レビトラを服用することができない方もバイアグラを服用することができない方とほとんど共通しています。

レビトラを服用することができない方は狭心症、心臓疾患(心筋梗塞、心不全など)、血管系疾患(冠動脈異常)、動脈異常、不整脈、高血圧、低血圧、網膜色素変性症、重い肝機能障害、重い腎臓障害などの症状を持っている方、HIV治療薬などの抗ウイルス薬、水虫の内服用の抗真菌薬を服用している方、QT延長症の方、過去に脳梗塞、脳出血を患ったことがある方などです。

 

レビトラはバイアグラに比べて副作用が軽くでるとされています。バイアグラを服用してみて副作用が強く出るという方はレビトラを服用することをおすすめします。

レビトラの副作用の中には頭痛、嘔吐、めまい、鼻づまり、動悸、ほてり、目の充血、胃のむかつき等があります。

レビトラとバイアグラを服用して、両方副作用が出たという方はシアリスを試してみると良いでしょう。

 

レビトラはバイアグラやシアリスなどと比べると糖尿病を患っている方に最も効果的なED治療薬だとされています。一般的に糖尿病の方はED治療薬が効きにくいといわれています。レビトラは3種類発売されているED治療薬の中で最も糖尿病に効果的なED治療薬だという調査結果が出ています。

レビトラとバイアグラの違いとしてもう一つ挙げられることは、バイアグラはジェネリック医薬品が日本で正式に購入することができることに対して、レビトラのジェネリックは海外でしか販売されていないという点です。バイアグラは最も古いED治療薬であり、バイアグラの特許は2014年5月に満了しています。その後、日本の製薬会社でもバイアグラのジェネリック医薬品をたくさん販売するようになりました。それまではED治療薬のジェネリック医薬品は海外からの通販を通して購入するか、海外に赴き処方を受けるしか方法がありませんでしたが、そのような方法に不安を感じる方もバイアグラのジェネリックを国内の病院やクリニックで処方を受けることができるようになりました。

一方レビトラの特許は2018年1月現在満了していません。レビトラの発売時期から計算すると2018年の後半あたりにはレビトラの特許が満了するのではないかと予想している人もいますが、正確な時期はまだ未定になっています。

 

レビトラのジェネリック医薬品

  1. レビトラのジェネリック医薬品

バイアグラと違って、レビトラジェネリック医薬品は日本では正式にまだ認可されていない状況です。シアリスと同様レビトラのジェネリック医薬品はインドでのみ開発販売されています。しかし、これまでにインドで販売されていたレビトラのジェネリック医薬品の中でも新たに追加された有効成分の特許法が適応され、販売が中止されている医薬品がいくつかあるようです。レビトラのジェネリック医薬品を購入し服用する際には数々の注意点があります。それらの注意点を知りリスクを考慮に入れながらレビトラのオリジナルを服用するかレビトラのジェネリックを服用するかを選択する必要があります。

 

2-1. ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは他の言葉では「後発医薬品」と呼び、新薬と同じ有効成分と量を含みながら、同じ効果、安全性を有している医薬品のことを呼びます。新薬は人々が患っている病気へ新たな治療効果をもたらすために新しい化学構造式を持つ有効成分を含み開発された医薬品のことをいいます。他の言葉では先発医薬品と呼ぶことができます。新薬の開発にはおよそ9年から17年もかかり、何百億円という膨大な費用をかかり開発されます。安全性と有効性を確かめるために数々の実験と試験を繰り返され、販売されてからも再検査を受ける必要があります。これらの複雑な過程を経る必要があるために新薬の価格はどうしても高くなってしまいます。新薬に比べてジェネリック医薬品は新薬の特許が満了した後に、製造方法などの情報を提供してもらい、あらかじめ確かめられた有効性と効果、安全性に基づき製造される医薬品ですので比較的低コストで製造販売することができます。ジェネリック医薬品の開発にはおよそ3年間かかり、費用は数億円をかけて開発されます。このような理由からジェネリック医薬品は新薬を同じ効果をもたらす医薬品ですが、安価で患者に届けることが可能になっている薬です。

ジェネリック医薬品は新薬に添加物などを加えてより飲みやすく改良されたものが多く販売されています。薬剤の形体も変化させて良いのでジェリータイプ、口の中で溶かすタイプなど様々な形体で風味などが加えられ販売されています。

 

 

 

2-1. レビトラのジェネリック医薬品とインド

 

レビトラを含むバイアグラやシアリスなどのED治療薬はインドの製薬会社によりジェネリック医薬品が多数開発販売されています。インドは国際的な特許法に準じることなく、独自の特許法の元に医薬品の開発を進めています。インドで開発販売されているジェネリック医薬品は欧米で販売されている新薬に比べて格段に安いことから発展途上国の医療に大きく貢献しているという現状があります。国際的な非営利団体である国境なき医師団もインドで販売されているジェネリック医薬品を使用して人道的支援活動を行なっています。このような側面から欧米の大手製薬会社もインドで製造販売されているジェネリック医薬品に穏便な姿勢を示しています。

 

日本から見るとインドは発展途上国のためにインドで製造されているジェネリック医薬品を服用することを不安に思う方も多いかと思われます。しかし、インドで製造されている医薬品はアメリカやカナダなどを含む先進国でも使用されており、製薬会社によっては多国籍企業として大きな収益をあげている製薬会社も存在します。インドで製造された正規のジェネリック医薬品を購入することができると、安心して新薬とほとんど同等の効果を感じることができるでしょう。

 

2-2.インドのレビトラ・ジェネリックの種類

バリフ ED医薬品

1) バリフ/ Valif 

製薬会社:アジャンタ・ファーマ社/ Ajanta Pharma Limited

用量:20mg

種類:①錠剤 ②バリフ・オーラルゼリーValif Oral Jelly

バリフ・オーラルゼリー ED薬

バイアグラのジェネリック医薬品である「カマグラ」と「カマグラゴールド」を販売しているために世界的にも知名度がある製薬会社です。アジャンタ・ファーマ社は1973年に設立されその後、ED治療薬のみながず眼科、皮膚科、心臓病系、及び痛み止めの薬などを手がけ販売しています。インドの他、アメリカ、フィリピン、アジア各国、中東、旧ソ連からの独立国などに普及されています。2000年にはインドの株式市場に上場しており、最新技術を持つ工場において医薬品を製造しています。

 

バリフには錠剤とジェリー状の「バリフ・オーラルゼリー」が販売されています。「バリフ・オーラルゼリー」は水なしで飲むことができ、フルーツ味やバタースコッチ味など数々の風味を楽しみながら服用することができます。「バリフ・オーラルゼリー」は錠剤よりも更に速効性があるといわれています。

 

錠剤タイプは用量が20mgからしかないために、初めて服用する方などはピルカッターなどを利用して半分に切ってから服用することをおすすめします。ゼリーも量を半分に調節して服用するなどの工夫をする必要があります。

ビリトラ ED薬

2) ビリトラ/ Vilitra

製薬会社:センチュリオン・ラボラトリーズ社/ Centurion Laboratories.

用量:20mg, 40mg

種類:①錠剤 ②錠剤・スーパービリトラ (Super Vilitra)

 

センチュリオン・ラボラトリーズ社は1995年に設立され、インドのグジャラート州にあるヴァドーダラーに拠点を置き、アロパシー(逆症療法)薬、勃起不全薬、消毒剤軟膏、抗菌薬および抗生物質、抗結核薬、心臓血管薬などの治療薬を製造販売しています。これに加え、漢方薬、精神医学薬、ベータラクタム抗生物質薬、抗アレルギー薬、栄養補助食品、ビタミン、ミネラルおよびタンパク質製品、など幅広い薬品を製造販売しています。

ケニア、ナイジェリア、マリ、リベリア、ガーナ、モーリシャス、その他のアフリカ諸国などのアフリカの国々と、ベトナム、フィリピン、ミャンマー、カンボジア、アフガニスタン、スリランカなどのアジアの国々、その他のラテンアメリカの国々に輸出販売しています。

 

ビリトラの錠剤は用量が20mgからしかないために、初めて服用する方などはピルカッターなどを利用して半分に切ってから服用することをおすすめします。

 

スーパービリトラ (Super Vilitra)早漏症に対応して有効成分であるダポキセチンを60mg含んでいる種類も販売されています。

 

ジェビトラ ED薬

3) ジェビトラ / Zhewitra

製薬会社:サンライズ レメディーズ/ Sunrise Remedies Pvt. Ltd

用量:20mg, 40mg, 60mg

種類:①錠剤 ②ソフトタブレット ③ゼリー (20mgのみ)

 

 

サンライズ レメディーズ社はインドのグジャラート州、アーメダバード近くで1995年に設立され、その後急成長を遂げている製薬会社です。抗生物質、抗菌剤、抗アレルギー剤、消炎鎮痛剤、サプリメント、薬草、漢方薬、化粧品、アーユルヴェーダ製剤を含むハーブの製剤などを製造販売しています。

 

ジェビトラには錠剤のほか、水なしで口の中で噛み砕きながら服用することができるジェビトラソフト、ゼリー状のジェビトラ・オーラルゼリーの3種類が販売されています。

 

錠剤とソフトタブレットは用量が20mgからしかないために、初めて服用する方などはピルカッターなどを利用して半分に切ってから服用することをおすすめします。ゼリーも量を半分に調節して服用するなどの工夫をする必要があります。

サビトラ ED薬

4) サビトラ / Savitra

製薬会社:サバ・メディカ社 / Sava Medica Limited

用量:20mg

種類:①錠剤 ②サビトラマックス

 

サバ・メディカ社 は2003年に設立された比較的新しい製薬会社です。インドのグジャラート州にあるスレンドラナガー(Surendranagar)にはジェネリック医薬品製造工場があり、500以上の製品を生産しています。呼吸器科、消化器科、心臓血管科、糖尿病、泌尿器科、抗インフルエンザ、鎮痛剤などの医薬品と動物のための医薬品も開発販売しています。

 

サビトラは通常の錠剤タイプに加えて、サビトラマックスというバルデナフィルと共に早漏症を改善する成分であるダポキセチンが含まれているタイプが販売されています。

 

サビトラの錠剤は用量が20mgからしかないために、初めて服用する方などはピルカッターなどを利用して半分に切ってから服用することをおすすめします。

サビトラマックスは用量は80mgとされていますが、これはバルデナフィルが20mgとダポキセチンが60mg合わさり含まれているものと見ることができます。サビトラマックスも半分に切って服用することをおすすめします。

 

薬名 用量 製薬会社 製薬会社HP
バリフ

Valif

20mg アジャンタ・ファーマ社

Ajanta Pharma Limited

http://www.ajantapharma.com
ビリトラ

Vilitra

20mg,

40mg

センチュリオン・ラボラトリーズ社

Centurion Laboratories

http://www.centurionlaboratories.com
ジェビトラZhewitra 20mg サンライズ レメディーズ

Sunrise Remedies Pvt. Ltd

http://sunriseremedis.in
サビトラ

Savitra

20mg サバ・メディカ社

Sava Medica Limited

http://www.savaglobal.com

 

 

2-3. レビトラ・ジェネリックの選び方

 レビトラのジェネリック医薬品は、アジャンタ・ファーマ社を除くと比較的歴史の浅い新しく設立された製薬会社により製造販売されていることが特徴です。製品によっては新たな特許基準が適応されて販売中止されているものもありますので注意が必要です。

アジャンタ・ファーマ社はバイアグラのジェネリックである「カマグラ」と「カマグラゴールド」を製造しているためにED治療薬のジェネリック医薬品を製造している製薬会社としては信頼と実績のある会社です。レビトラのジェネリック医薬品の中からどれを選べば良いのかわからないという方はバリフから試してみると良いでしょう。

 

 

 

2-4. レビトラのジェネリックを選ぶ際の注意点

レビトラのジェネリックに人気がある理由は経済的な要因にあると言えます。正規で処方されるレビトラは日常的に使用するには価格が高く、経済的な負担を感じる方が多いのが現状です。

 

しかし、レビトラのオリジナルとレビトラのジェネリックを選ぶ時に考慮に入れたい注意点はやはり通販で購入する際のリスクにあります。レビトラのオリジナルは国内では医療機関で診療を受けて処方を受けると正規品を安心して購入することができますが、レビトラのジェネリックは海外からの個人輸入代行をしている通販を通して購入する必要があるために確かに正規品を購入することができる保証がないのが現状です。

レビトラのインドで製造されているジェネリックの正規品を購入することができれば、その効果はレビトラとほぼ同等と言うことができます。しかし、レビトラの特許が正式に満了していないことから、レビトラの製造方法を元にジェネリック医薬品が製造されていないことがわかります。このようなことから、同じ有効成分を含み製造されているED治療薬だとしてもその効果の出方や、副作用の出方に変化がでることを予測することができます。インドからのED治療薬を服用して効果を満足に感じることができなかったり、副作用を強く感じるようであったら、服用を中止するようにしましょう。

 

また、効果を感じなかったり副作用がでてしまう場合にはそのジェネリック医薬品が偽物であるという可能性も考えられます。通販で購入する際にはレビトラのジェネリックは偽物が多く出回っていますので細心の注意を払って購入する必要があります。

 

このような注意点を考慮に入れて、レビトラのオリジナルかジェネリックを選ぶかを決めるようにしましょう。

 

 

2-5. レビトラ・ジェネリックを服用する際の注意点

  注意点

レビトラのジェネリックを通販を通して購入して服用する時には、レビトラを服用する時の注意点をよく読んで注意事項を知り、インストラクションに従い服用するようにしましょう。

 

レビトラのジェネリック医薬品のほとんどはインドで製造されているので説明書などは英語で表記されています。服用することができない人併用禁忌薬、併用注意薬などをレビトラの日本語の注意事項をウェブサイトからダウンロードしてお読みになってから服用することをおすすめします。

 

レビトラ・ジェネリックの用量はほとんど20mgから始まっています。通常レビトラを初めて服用する時の量は10mgから始めるので、錠剤を半分に切って自ら用量を調節して服用するなどの注意を払う必要があります。

 

 

 

2-6. 通販で購入する際の注意点

医薬品 通販

バイアグラやシアリスなどのジェネリック医薬品と同様レビトラのジェネリック医薬品も通販ではたくさんの偽物が出回っています。ほとんどの方は経済的な理由でレビトラのジェネリックを海外から通販を利用して購入すると思いますが、レビトラ・ジェネリックを通販を通して購入する際のリスクを考慮に入れてでも価格の安さを選ぶか安全性を選ぶかの選択はそれぞれ個人の責任になっています。

 

通販のウェブサイトは様々な種類のものがありますが、売れ筋ランキングがつけられていたり、口コミのレビューが書かれていたりします。しかし、その情報の信憑性は確かに確認することは難しい状況です。購入する前にその業者が薬事法を守り販売しているのか、信頼できる業者なのか、どのようなビジネス体制で輸入代行を行なっているのかをしっかりと調べる必要があるでしょう。

 

レビトラのジェネリック医薬品を個人輸入代行の通販を通して購入して、偽物に当たってしまい、副作用が強く出てしまうなどの事故にあった際には「医薬品副作用被害救済制度」の救済を受けることができません。このような注意点とリスクを考慮に入れて、レビトラのオリジナルを選ぶが、レビトラのジェネリックを選ぶかの選択を慎重にするようにしましょう。

 

  1. まとめ

 

レビトラは速効性があり、食事の影響や副作用も少なく、勃起のサポート力が強いとして人気のあるED治療薬です。

レビトラのジェネリック医薬品はインドで製造される正規品を購入することができれば安全にレビトラと同様の効果を感じることができるED治療薬です。

しかし、個人輸入代行の通販を通して購入する際にはある程度のリスクが伴いますのでその注意点を考慮に入れて慎重な選択をするようにしましょう。